【ダイエットサプリメント】 食欲抑制効果を悪用?

シブトラミン(ジブトラミン)やマジンドールなどの食欲を抑制する効果があるものの、使用量や使用方法を間違えると非常に危険な成分を使ったダイエット用健康食品は後をたちません。
シブトラミン(ジブトラミン)そのものは日本では製造販売の許可がおりていませんので個人輸入(またはインターネット)でしか購入できません。
また、同様に医薬品として認可されていない危ない食欲抑制剤(フェンフルラミン)等もダイエット用健康食品(特に中国製)の成分として使用されることも多く健康被害も多く発生しています。
従って、私たちは自己防衛をしていくしかありませんので、購入時にかなりの注意を払う必要があると思われます。

現状のダイエットサプリメントや健康食品の市場では、規制当局(厚生労働省等国や都道府県)とメーカーとのイタチごっこですが、消費者である我々(特に女性)のダイエットや痩身への強い願望はなくなることがない、永遠のテーマでしょうから、購入する場合にはその成分についてもよく注意して見ておくことを強くお勧めします。

少し怪しい、またはちょっと確認しておきたい、という方は下記「いわゆるダイエット用健康食品による健康被害の防止に当たっての留意点について」というサイトに健康被害のあった具体的なダイエット用健康食品の製品名が記載されていますので確認をしてみてください。
尚、このサイトには被害報告の仕方も書かれていますので参考にしてみてください。

そして、今後少し注意しておく必要があるとして、「塩酸フェニルプロパノールアミン(PPA)」があります。
塩酸フェニルプロパノールアミン(PPA)は、鼻みず、鼻づまり等の症状の緩和を目的として”総合感冒剤”や鼻炎用内服薬、かぜ薬、鎮咳去痰薬に含まれています。
しかし、アメリカでは食欲抑制剤として認可されており、服用された場合に高い関連性が認められていますが、日本では塩酸フェニルプロパノールアミン(PPA)含有医薬品は食欲抑制剤として承認されておらず、また、今のところは食欲抑制の目的で使用されている実態もないようです。
今後更に注意しておく必要がある成分かもしれません。



 <参照サイト/資料>

・厚生労働省 医薬食品局等資料
塩酸フェニルプロパノールアミン(PPA)を含有する医薬品による脳出血に係る安全対策について
マジンドール等を含有する無承認無許可医薬品によると疑われる健康被害について
いわゆるダイエット用健康食品による健康被害の防止に当たっての留意点について





スポンサーリンク



関連記事

”糖質制限 ダイエット” は危険!?

ダイエットの方法は様々ですが、まず思い浮かぶのは運動とこの”糖質制限ダイエット”ではないでし

記事を読む

「αリポ酸」は ” 体脂肪を減らす
ダイエットの救世主! ” ってホント??

αリポ酸はこんなに凄い!? 「αリポ酸」は2005年にテレビ番組「発掘あるある大辞典2」

記事を読む

【ダイエットサプリメント】 医薬品との危険な相互作用とは?

女性の皆さんは誰しもダイエットサプリメントを一度は使用したことがあるのではないでしょうか? そ

記事を読む

最近流行の【ダイエットサプリメント】 とは?

最近よく耳にするサプリメントに、「コエンザイムQ10」 「L-カルニチン」 「アルファリポ酸」

記事を読む

【ダイエットサプリメント】 その危険な成分とは?

ダイエット用のサプリメントというと、様々なものが販売されています。 しかし、その中には摂取してはい

記事を読む

恐怖の 【ダイエットサプリメント】

【ダイエットサプリメント】と言うと女性は興味津々ですが、衝動的に買って盲目的に摂取するのは危険で

記事を読む

【ダイエットサプリメント】 ストレス回避で睡眠障害?

ダイエットを行うと空腹やストレスで眠れないという方が多く、そのために睡眠薬を摂取(処方してもらう)す

記事を読む

ダイエットで 【ビタミン・ミネラル】 が欠乏すると恐ろしい?

ダイエットしていると、どうしても栄養の偏りや不足が発生しがちになります。 ビタミンやミネラルが欠乏

記事を読む

【ダイエットサプリメント】 健康被害に合わないためには?

ダイエットの王道は、「適切な食生活」と「適当な運動習慣」が基本ですが、それぞれの体質や性格などもあっ

記事を読む

【ダイエット】 するならトランス脂肪酸は摂るな!

最近のダイエットの流行りのキーワードの一つとして、「トランス脂肪酸」と「グルテンフリー」がありま

記事を読む

PAGE TOP ↑