【ダイエットの基本・その5】 ~体質を変える~

ダイエットの5つの基本形の一つに『体質を変える』という方法があります。

つまり、自然と排出量を増やしたり、少食でも満足できるエネルギー効率の良い
代謝ボディを作り、体調や精神を安定させてコントロールすることです。

具体的には、以下の4つになります。


1. 習慣を変えて、快便体質へと変換

2. 食べ方を変えて、少食でも満足できる脳へと変換

3. ストレスコントロールで、食生活を規則的にする

4. 食材を変えて、体温を上げる。お水もよく飲むこと


では、それぞれについて更に具体的に見てみましょう。




1.<習慣を変えて、快便体質へと変換>

まずは、体調を整え正常化する意味でも、便秘体質を改善する必要があります。

 < 食べた物は1~2日で便として毎朝排出する >

これは人間の食生活の基本となります。これを一つの生活リズムとして形成しましょう。
少し出そうで出ないとか、排便している時間が無いとか、いうことをできるだけ無くして、決まった時間帯に多くても少なくても、もようさなくても、一度はトイレに入り試みる、くらいの習慣つけが必要です。

あまり無理して出そうとすると、脱腸などの病気になりますので気をつけながら、まずはトイレに行く習慣つけから行います。お腹を ”の” の字(大腸の流れに沿った形)を描くようにさすると出やすくなります。その内自然と排便するように身体が反応しますので根気よく続けてください。

体内に入ったものが定期的に排出されるようになると、体調も自然と整い、精神的にも安定してきますし、必要以上の栄養素を吸収することがありませんので、更に太るということを防ぐことができます。


2.<食べ方を変えて、少食でも満足できる脳へと変換>

次に、食べる量が少なくても満足できる脳へと変えると自然と少食になって、バランスの良い体重へと自然と導かれます。

具体的には、よく噛んで食べるということを徹底します。
少なくとも、” 一口30回以上 ” できればゆっくり噛んで食べる(飲み込む)ことです。噛んでいる間に脳へ信号が伝達されて満足していきますので自然と食べる量が減ります。

そして、食事時間は最低10分は取るようにします。
何故なら胃からの情報が脳に届くのに10分くらいかかると言われているからです。

ですので、逆に沢山食べようと思ったら出来るだけ早食いすることです。
脳に満足感の信号が十分伝わる前に食物を限界を超えて体内に入れることができます。

また、よく噛むことで食物の分解が進み唾液もよく出ますので、胃での消化を助け腸での栄養素の吸収を助けます。このことで、少食かつ栄養吸収効率を高めることができますので、非常にコスパ(コストパフォーマンス)の良い食生活ができるようになります。


3.<ストレスコントロールで、食生活を規則的にする>

そして、次はストレスのコントロールです。

生きていれば様々なストレスを受けますね。それをうまくコントロールすることで精神的にも体質的にも安定させることができます。

ストレスの原因は様々ですが、その原因について考えるよりも、忘れるて気持ちを切り替える方向に向かわせる行動が望ましいですね。

例えば、カラオケやバッティングセンター、ゲームセンターなどで思いっきりエネルギーを発散したり、好きなものを食べたり好きなことをしたり、趣味に没頭したりで心の満足感を高めることです。

もちろん暴飲暴食はいけませんが、普段食べない高級料理を食べるとかで量よりも質の高いもので満足感を高めることをお勧めします。もしも食べ過ぎた場合やケーキのバク食いなどしたなら、同時にマルチビタミンやマルチミネラルなどを摂取して脂肪の燃焼効率を高めるなどのフォローを忘れないことです。

そして、基本は” ストレスを次の日(週)に持ち越さない ”という考え方です。

スポーツや身体を動かすのが苦手な方は、どうしても食事へそのハケ口が行きますが、食べ過ぎ無いようにコントロールする何かあなた独自の手法を見つけておく必要があります。

映画を見るとか水族館へ行くとかスポーツ観戦をするとか、大きな公園を歩くとか、ボランティア活動をしてみるとか、地域のコミュニティーに参加してみるとか、習い事をするとか、ペットと遊ぶとか、友だちとお茶をハシゴするとか、何かエネルギーを使うものが好ましいですね。

くれぐれも、お酒の飲み過ぎには注意しましょう。お酒でストレスは発散できるかもしれませんが、それが毎日など頻繁になると、肝臓に負担がかかりダイエットどころではなくなります。

お酒を飲んだら、同じ量のお水を飲むか、生グレープフルーツジュースなどビタミンCでアルコールによって大量発生した活性酸素を中和するというフォローを身体にしてあげてください。



4.<食材を変えて、体温を上げる>

エネルギー効率の良い、エネルギーをよく消費する体質へと変換することで余分なエネルギーを体内に蓄積することがなく、痩せる体質へと変わることができます。

その一つに体温を上げるという方法があります。体温が上がると加速度的にエネルギーの消費効率が上がっていくと同時に免疫力も向上していきますので、病気にならない抵抗力の高い体質へと変わることができて、一石二鳥です。常に体温の高い人であまり太っていたり病気の人はいません。

ですので、特に低体温の方はできるだけ身体を温める食材を摂りましょう。そして、体温を上げる発酵食品の健康食品やサプリメントなども適宜必要に応じて摂取するのも良いでしょう。

具体的には、

・地中や寒い地方で育つ色の濃い食材は陽性食材と言われて身体を温めますので積極的に摂るようにしましょう。

 人参、カボチャ、ピーマン、ゴボウ、カブ、レンコン、サツマイモ、長ネギ、ニラ、ゴマ、ナッツ、 ドライフルーツ、梅干し、漬物、ベーコン、ソーセージ、チーズ、干物、リンゴ、桃、ブドウ、さくらんぼ、他
 
・逆に地上や南国で育つ食材は陰性食材と言われて身体を冷やしますので食べたい時には陽性食材とセットで食べることや、温めて食べる、冬場は避けて夏場や精神を安定させたい時に食べることをお勧めします。

 ほうれん草、白菜、レタス、キャベツ、キュウリ、小松菜、ナスビ、トマト、牛乳、マーガリン、ヨーグルト、白砂糖、白いパン、精製小麦粉、キウイ、マンゴー、パイナップル、他

生姜(ジンジャー)を積極的に食べる。
 ご存知のように生姜は代謝や免疫力を向上させる食材の王様的存在です。体内の老廃物を積極的に排出するデトックスの効果もありますのでできるだけ頻繁に摂ることをお勧めします。

お水もよく飲むことです。よく言われますが、水分は代謝をよくしますし、デトックスにも役立ちますのでむくんだ身体になりにくくします。

肉を食べるなら野菜も同時に多く食べることです。
 肉を十分消化するには、多くの消化酵素が必要です。その補給として食物酵素を多く含む生野菜を多く同時に摂ることで補い、消化吸収を促進します。

・タンパク質は豆類と魚介類から取る
 タンパク質として消化吸収のしやすいのは、豆類や魚介類です。便秘がちな方は特にお勧めです。また、海苔やキノコ類にもタンパク質を構成するアミノ酸が豊富ですのでバランスよく摂取しましょう。

・体温を上げる発酵食品や発酵サプリメントなどを適宜摂取する。
 日本が世界に誇る技術の一つに発酵技術があります。お酒や醤油、納豆など様々な栄養価の高い身体に良い食品がたくさんあります。発酵は人工では成し得ない様々な栄養素や酵素を生成し人体の生命活動に素晴らしい援助をしてくれます。そんな発酵食品やサプリメントの中でも体温を上げる作用のあるものを選んで摂取すると更にダイエット効果を発揮することが考えられます。

水をよく飲む
 水飲みダイエットというのが昔ありましたが、そうではなく、水は身体の60~70%を構成する成分です。良い水を沢山飲むことで体質・体調が良くなることは当然です。また、水は代謝効果を促進しますので、体内の余分な脂肪の燃焼などに役立ちます。同時に体内の循環を良くしてデトックス効果も発揮しますので体質改善に役立ちます。
 汗をかくことを嫌う方も多いかもしれませんが、タオルハンカチなどで汗を適宜拭き取ることでその影響(臭いなど)は軽減されますので、暑い夏などは複数枚のハンカチとともに携帯の消臭速乾スプレーなどで対応してみてはいかがでしょうか。



5.<おまけ>

ダイエット中や規則正い食生活の中でも、たまにはそのルールから外れることもあるでしょう。そんな時には以下の中和処理の方法を参考にしてみてください。

ケーキの食べ過ぎ ⇒ 野菜ジュースやビタミン・ミネラルを補給して糖や脂肪の
 分解補助を行う

焼き肉食べたい  ⇒ サンチュなど生野菜を多く同時に摂る

唐揚げ食べたい  ⇒ レモン汁を多くかけてビタミンCで抗酸化を補強する

ハンバーガー食べたい ⇒ できればチーズ無しで野菜が多いメニューにする

アイスクリーム食べたい ⇒ クルミや亜麻仁油をトッピングする

トンカツが食べたい ⇒ キャベツ(ビタミンC)をたっぷり食べる(他の揚げ物類
 にも有効)

飲んだ後のラーメンが食べたい ⇒ お酢を一緒に入れて食べる

カップラーメンが食べたい ⇒ ミネラル豊富で乾燥ワカメをたっぷり入れて食べる
 (血糖値抑制)

チョコレートが食べたい ⇒ カカオ純度が70%以上のものを食べる(糖や油の抑制)

ピザが食べたい  ⇒ オリーブオイルをかけます(悪玉コレステロールの抑制)

昼夜外食(コンビニ)三昧 ⇒ ビタミン・ミネラルの補給(旬のフルーツやマルチ
 ミネラル・マルチビタミン)

お酒の飲み過ぎ  ⇒ お酒と同量の水を飲む、生グレープフルーツジュースで
 抗酸化補助

ポテチが食べたい ⇒ 青のり振りかけて食べる、同時に海苔を食べる
 (脂肪吸収防止)

食べ過ぎ     ⇒ 18時間の断食で胃腸をリセット

空腹で眠れない  ⇒ ナッツ、豆乳で空腹を満たす

カフェラテが飲みたい ⇒ ミルクを豆乳に代えて飲む



参照:食べてもやせる魔法の体 大人女子の代謝BODYダイエット読本





スポンサーリンク



関連記事

”AMPキナーゼ” が ダイエットに効く?

”AMPキナーゼ” とは?  ”AMPキナーゼ”とは、酵素の一種でアデノシン-1-リ

記事を読む

【ダイエット】で成功したいなら
 ”サーチュイン遺伝子”に注目!

あなたは、「サーチュイン遺伝子」という言葉を聞いたことがありますか? サーチュイン遺伝子は

記事を読む

ダイエットどころではない!!!
知らないと損する「トランス脂肪酸」とは?

日本は”トランス脂肪酸・後進国”!  皆さんは「トランス脂肪酸」という添加物をご

記事を読む

【ダイエット】の隠れ技 ”レシチン” とは? ~美肌効果やアンチエイジングも~

レシチンは身体の重要な構成要素です。 さて、皆さんは最近注目の「レシチン」をご存知でしょ

記事を読む

フードファディズムとは? 要注意?

フードファディズムとは、食物や栄養素が健康や病氣に与える影響を過大に評価したり信じることを言いま

記事を読む

知らないと損をする
サプリメントの常識

サプリメントを摂取するタイミングは重要? ダイエットのためにサプリメントを買ったのいい

記事を読む

【ダイエットの基本・その1】 ~食べる量を減らす~

ダイエットの5つの基本形の一つに、『食べる量を減らす』という方法があります。 つまり、一番簡単

記事を読む

添加物には気をつけろ・・コンビニ弁当を食べ続けるな!

1. 発色剤の「亜硝酸ナトリウム」 亜硝酸ナトリウムは、第二級アミンと反応して体内で発がん

記事を読む

中性脂肪を減らす新しい物質
”マイオカイン” とは?

”マイオカイン”の効果とは?  先日のビートたけしが司会するテレビの番組「主治医が見

記事を読む

無理せず自然に痩せる【ダイエット】 とは?

自然に痩せる 【ダイエット】 "ダイエット" とは体重を減らして痩せることでしょうか? 

記事を読む

知らないと損をする
サプリメントの常識

サプリメントを摂取するタイミングは重要? ダイエットのた

”長生きのコツ” を知ることはダイエットにつながる!

多くの方が健康で長生きをしたいと思っているのではないでしょうか。

満月 ” から!!?">「ダイエット」を始めるなら
 ” 満月 ” から!!?

「ダイエット」を始めるなら、満月からスタートする方が成功する確

「 深呼吸ダイエット 」
    ってご存知ですか?

色々と次々と新しいダイエット方法が世の中に出てきますので楽しいです

フードファディズムとは? 要注意?

フードファディズムとは、食物や栄養素が健康や病氣に与える影響を過大

→もっと見る

PAGE TOP ↑