【ダイエットの基本・その1】 ~食べる量を減らす~

ダイエットの5つの基本形の一つに、『食べる量を減らす』という方法があります。

つまり、一番簡単なダイエット・痩せる方法 です。
しかし同時に、一番苦しい(笑)方法です。

理屈は簡単ですね。どなたにもご理解頂けることですが、簡単なだけに一歩やり方を間違えるとうつや自立神経失調症など精神疾患を患ったり、拒食症などになってしまったり、ひどい場合は死んでしまう可能性もあります。

具体的には、以下の3つになります。


1.  食事制限

2.  酵素ドリンク

3.  断食やプチ断食


などの方法により、必要以上の余分な栄養分を摂らずにダイエットにつなげます。
以下詳細を見ていきましょう。



1.食事制限

食事制限はダイエットを行う女性の最初の関門です。
以下に効果的な食事制限などの方法についてまとめてみましたので、参考にしてみてください。

● 栄養バランス の取れた食品を食べる。
● 朝昼晩の食事では、朝または昼に一番多い量を食べる。

● 野菜は毎日必ず取り入れて、必ず野菜から 食べ始める。
● 間食はしない。

● 白米よりも発芽玄米 や胚芽米などを多く食べる。
● 朝は半熟(または生)玉子 でエネルギー補給をし、夜は納豆 で腸内環境を改善し血液をサラサラにします。納豆は脂肪や炭水化物の燃焼を促進してくれる便利な食品です。

● 主菜は牛肉よりも鶏、鶏よりも豚、肉よりも魚、魚よりも野菜の順番で何年かかけて最終的にはベジタリアン的 を目指すのがベターです(完全なベジタリアンを目指さなくてもよい)。

● 野菜は、緑黄色野菜(ブロッコリー、トマト、ほうれん草、小松菜、ピーマン、人参など)と淡色野菜(キャベツ、レタス、大根、玉ねぎ、モヤシなど)。
レインボー野菜 (7色:赤、橙、黄、緑、紫、黒、白)で第七の栄養素ファイトケミカル(抗酸化栄養素)を摂る。
できれば旬の野菜。パプリカや唐辛子は、体脂肪燃焼効果や血行促進、ゴボウ・じゃがいも・サツマイモはダイエットや血糖・血圧調整に有効です。

● 発酵食品 を多く食べる。
● 白い炭水化物は避けて、コンビニの”おにぎり+お茶”というパターンから抜け出す。

● 麺なら日本の蕎麦、パンなら黒いパンを食べる。
● 一口30回 噛んで満腹感を味わう。

● フルーツ は食後のデザートとしてよりも、朝や昼間にお腹が空いた時のおやつとして食べます。フルーツの果糖は即効性の高いエネルギー源だからです。デザートとして食べると余分なエネルギーとして体脂肪へと回ります。

● 体温を上げる 食材(生ショウガなど)を多く摂り体内のエネルギー消費を促す。
● 月に1・2回はご馳走の日 をつくりストレスを発散する。

● ビタミンB群 の補給で炭水化物(B1)、脂質(B2)、タンパク質(B6)をしっかり燃焼させる。




2.酵素ドリンク

酵素ドリンクによるダイエットは、近年注目されてきたダイエット方法の一つです。
酵素ドリンクを食事の代わりに飲む というダイエット手法で簡単手間いらずということで何年か前から流行り出しています。

酵素ドリンクと言うとどんなものかと思う方も少なくないと思いますが、その種類は様々 で何が良いのかわかりにくくなっています。
それは、単に野菜や果物のミックスジュースを言う場合もあります。なぜなら、生野菜や生の果物 にはたっぷりと酵素が含まれているからですね。

自分で作る場合 は、できるだけレインボー野菜(上記)を意識しながらブルーベリーやレモン、バナナやリンゴなどの果物をミックスします。
自前で生の食材を使用して作るのが一番なのでしょうが、ご存知のように作ったらその直後からジュースが酸化し始めますので、作ったら直ぐに飲むというのが基本となります。それが面倒でないという方はこの方法が良いかもしれません。

手軽に手間をかけず に飲むなら、販売されている多くの酵素ドリンクからどれかを選んで飲むというのがよいでしょう。原料の種類が多い ことや発酵食品 (発酵過程を経ることで様々な酵素が生成されます)かどうか、品質や製造の安定性 などが選択のポイントです。




3.断食やプチ断食

プチ断食 は、毎日朝昼晩と食事を摂っている方には、たまに朝食を抜く という簡単な方法です。断食は完全に一日中何も食べない(水以外)ことですが、それを月に1回あるいは年に4回とか行います。

断食中は、水以外何もとらないというのが正式?な断食かもしれませんが、最近のダイエットやデトックス目的の女性向け中心の断食では、プチ断食も含めて断食中に酵素ドリンクを飲む という酵素断食 という手法が流行っています。
 
断食の順番としては、プチ断食を何回か行ってから徐々に食事を抜く回数を増やして1日断食など本格的な断食へとステップアップするといのが一般的です。
いきなり、1日断食から入ってしまうとリバウンドや身体のダメージが大きくなり体調を崩すという可能性があります。

酵素断食 では、1日~3日間酵素のみを飲みます。そして、復食と言われる1~3日程度をかけて通常の食事に戻ります。断食日数と同じ日数をかけて復食します。各食事の合間にお腹が空けば、フルーツジュースやフルーツ、ナッツなどを食べます。




4.サプリメント・薬剤

サプリメントや薬剤で食欲不振を誘発 し、食事量を半強制的に減らすという方法があります。
これは、肥満症状などで困っている患者に対してのお医者さんの処方として使われる薬剤が主たるものですが、サプリメントとしても販売されています。

その成分としては、シブトラミン(ジブトラミン)やマジンドール という有名な成分がありますが、別ページ「ダイエットサプリメント、死亡事故や健康障害の発生事例」などでも書いていますが、使用方法を誤ると非常に危険な成分で、死に至る こともありますので必ず医師の承諾をもらって使用するようにしてください。

塩酸フェニルプロパノールアミン(PPA)なども注目を集めていますが今後の国立健康・栄養研究所情報センター等の情報にも注意しながら使用するようにしてください。

これらの成分については、日本国内と海外では医薬品とサプリメントの基準が異なりますので、海外でサプリメントとして販売されていても日本国内では医薬品となる場合もあります。
もし、個人輸入されて使用する場合などは独自判断で使用すると非常に危険となる場合もありますので事前に情報を確認 してから購入・輸入されることを強くお勧め致します。



参照:「自然に体重が減っていく 30代からのシンプル・ダイエット」 土井里紗著






スポンサーリンク





関連記事

【ダイエットの基本その4】 ~食べる物の質を変える~

ダイエットの5つの基本形の一つに『食べる物の質を変える』という方法があります。 具体的には、マ

記事を読む

フードファディズムとは? 要注意?

フードファディズムとは、食物や栄養素が健康や病氣に与える影響を過大に評価したり信じることを言いま

記事を読む

【ダイエット】に効果的な 
”睡眠方法” とは?

ダイエットと睡眠は関係無さそうで、関係あることをご存知ですか? なぜなら、 睡眠中にもダ

記事を読む

【ダイエットの基本その3】 ~食べた物の消費量を増やす(エネルギーを使う)~

ダイエットの5つの基本形の一つに『食べた物の消費量を増やす』という方法があります。 具体的には

記事を読む

【ダイエット方法】 糖質制限、脂肪制限、地中海食でどれが一番?

これまであなたは数々のダイエット方法を試してこられたかもしれませんね。 食事制限などもされたと

記事を読む

やってはいけない【ダイエット】方法とは?

【ダイエット】と言えば、まずは食事制限やエクササイズを思い浮かべますね。 世の中には多くの

記事を読む

ダイエットに欠かせない体内脂肪!
効率よく燃焼させる方法とは?

ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動が身体や健康に良いということは民さんもよくご存知のこ

記事を読む

【間違ったダイエット】 が肥満の原因になる?

ダイエットの基本は、”摂取カロリーと消費カロリー”のコントロールにつきます。 つまり、

記事を読む

【ダイエット】 するならトランス脂肪酸は摂るな!

最近のダイエットの流行りのキーワードの一つとして、「トランス脂肪酸」と「グルテンフリー」がありま

記事を読む

ダイエットで最大限の効果を得る方法とは?

ダイエットしたければ、筋肉を増やしましょう!  「ダイエットしたければ、筋肉を増やし

記事を読む

PAGE TOP ↑