【ダイエットの基本その4】 ~食べる物の質を変える~

ダイエットの5つの基本形の一つに『食べる物の質を変える』という方法があります。

具体的には、マクロビオティック、発芽玄米、玄米、酵素ドリンク、糖質制限 などにより、必要以上の栄養を摂らないように、身体に良いもの、燃焼効率の良いもの、脂肪ではなく筋肉になるものを摂るようにします。

マクロビオティックという手法は1950年前後から始まった長寿を目的とする食事法や食生活法のことを言いますが、別名、玄米菜食、穀物菜食、自然食、食養、正食、マクロビ、マクロ、マクロビオティックス、マクロバイオティック、マクロバイオティックスとも言います。

実際にこのマクロビオティックを実践している人で太った人は見ません。

つまり、ダイエットをする一つの手法 ともなりうりますが、厳密に行うには独自で行うと少し危険な部分もあります。極端な場合は栄養失調になり、命の危険にさらされる 可能性もありますのでので、実践する場合はきちんとした指導者の元である程度勉強をした後に実践をされることをお勧めします。





マクロビオティックの特徴

マクロビオティックの特徴としては以下のようなものとなります。


● 玄米や雑穀、全粒粉の小麦製品などが主食。
● 野菜、穀物、豆類などの農産物、海草類を食べる。
● なるべく近隣の地域で収穫された、季節ごとの食べものを食べる(身土不二)。
● 砂糖を使用せず、甘味は米飴・甘酒・甜菜糖・メープルシロップなどを使う。
● なるべく天然由来の食品添加物を用いる。塩はにがりを含んだ自然塩を用いる。
● 肉類や卵、乳製品は食べない。但し卵は病気回復に使用する場合もある。
● 白身の魚や、小魚は少量は食べてよい場合もある。



これらをいきなり厳密に守ると栄養失調 になることもあり、病後や体調不良がある場合なども危険なので医師の指導などの場合を除き独自では実践しない方がよいかも知れません。

玄米なども発芽玄米(胚芽米)にしたり、肉食を控えたり、白砂糖を使用しなかったり、菜食中心の食事法を実践することについては別段問題が発生したという事例は確認されていませんので、徐々に自分の好みや体調などと相談 しながら実践していくことは全く問題がなく、ダイエット手法として実践することは好ましいかも知れません。


また、最近女性の間で特に流行りのベジタリアン(ベジタリアニズム) は、日本語では菜食主義 と言いますが、肉食を避けるという思想は、元々は日本の伝統宗教である大乗仏教の重要な戒律の一つとして古くからありましたが、近年欧米の動物愛護の観点から菜食主義を標榜し実践する女性が増しています。

このベジタリアン(ベジタリアニズム)は先のマクロビオティックと実質的にはよく似ているようで、厳密には異なる ようです。例えば、魚やその煮汁・出汁などを食べるのか食べない(マクロビ)のかなど、ですが、ベジタリアン(ベジタリアニズム)についてはマクロビオティックほどの厳密な手法があるわけではなく、それぞれ個人の思想や体質によって自由に行っているというのが実態のようです。

このベジタリアン(ベジタリアニズム)は、古くは宮沢賢治、アインシュタイン、スティーブ・ジョブズ、マルチナ・ナブラチロワ、マイケルジャクソン、マドンナ、カールルイス、などなどファッションモデルや各種著名人などが実践しています。





酵素ドリンク

酵素ドリンクについては、元々体内や食物にある酵素をうまく利用してダイエットにつなげていこうという発想から生まれました。
酵素の働きは、簡単には次の3つに集約されます。

1. 代謝酵素 : 体内のエネルギー生成過程で働きます。

2. 消化酵素 : 消化酵素:食べた食物を消化吸収する祭に働きます。

3. 食物酵素 : 食物自身に含まれていて、消化分解吸収の祭に働きます。

食物の消化を助けるジアスターゼ(大根)、パパイン(パパイヤ・パイナップル)やセラペプターゼ、パンクレアチン、ペプシン、ウロキナーゼなどは健康食品や薬剤としても使用されることがあります。

そして、近年は植物酵素を中心に発酵技術を使ったダイエット健康食品としての ”酵素ドリンク ” が注目を集めています。最近はヒアルロン酸やプラセンタ、ザクロなどの美容成分などを含めて何十種類から何百万種類までを配合したものが販売されています。

ダイエットや痩せ体質や健康維持のための断食(ファスティング) を行う際に、栄養補給飲料として使用するという新たな使用方法として提案されています。

少し癖のある味ですが、ジュースの一種と割り切れば逆に癖になる味かも知れません。良質の酵素ドリンクであれば習慣的に使用してみるのもよいかも知れません。ダイエットやデトックス、アンチエイジングとしての効果は期待できるかもしれませんが、最近の流行りのせいか販売されているものは種類も多く、実際に良質の材料を使った効果のある酵素飲料なのかを判別するのは難しい 状況です。

また、良質のものが自分の身体に合うかどうかも人それぞれの体質によりますので、その点は一般の健康食品や薬剤などと同じです。
今のところ、この酵素ドリンクによる健康被害 としては、頭痛、下痢、腹痛 、などがあるようです。

好転反応的なものもあるのかも知れませんが、自分の身体に合うのか合わないのかをよく身体と相談しながら徐々に試してみる ことをお勧めします。宣伝文句に踊らされないようにしましょう。





スポンサーリンク



関連記事

ダイエットどころではない!!!
知らないと損する「トランス脂肪酸」とは?

日本は”トランス脂肪酸・後進国”!  皆さんは「トランス脂肪酸」という添加物をご

記事を読む

手軽に【ダイエット】するお薦めな方法とは?

" 最近ちょっと食べすぎた"、" 体に締まりがなくなってきた"、" 見た目がちょっとだらしない"

記事を読む

【ダイエットの基本・その5】 ~体質を変える~

ダイエットの5つの基本形の一つに『体質を変える』という方法があります。 つまり、自然と排出量を

記事を読む

【間違ったダイエット】 が肥満の原因になる?

ダイエットの基本は、”摂取カロリーと消費カロリー”のコントロールにつきます。 つまり、

記事を読む

手を出してはいけない「ダイエット法」とは?

雑誌などで、”~~ダイエット”という文字を見ると多くの女性はさっとその雑誌に手が伸びるのでは

記事を読む

グルテンフリーってどう? 
【ダイエット】に関係あるの?

そもそも ”グルテン” とは何? グルテンとは、小麦に入っている成分です。そのグ

記事を読む

【ダイエット】 は ”ストレス”コントロール が成功の秘訣!

ダイエットを目指す女性は多いのですが、 ”今すぐなんとかしたい” とか、 ”好きなものは飲み食い

記事を読む

【ダイエット】 するならトランス脂肪酸は摂るな!

最近のダイエットの流行りのキーワードの一つとして、「トランス脂肪酸」と「グルテンフリー」がありま

記事を読む

「糖質制限ダイエット」は危険?

ダイエットを手っ取り早く短期間に成功させるには、「糖質制限」が速いことは皆さんもご存知でしょう。

記事を読む

最近注目の【グルテンフリー ダイエット】

最近ダイエットや体調不良の原因の一つとして注目されている【グルテン】についてここでは見ていきます。

記事を読む

PAGE TOP ↑