【マルチビタミン・マルチミネラル】 の働きとは?

マルチビタミン・マルチミネラルは女性の皆さんならよくご存知のサプリメントの代表ですね。しかし、なんとなく摂取している方も多いのではないでしょうか?
”なんだか最近身体がだるい”、”ちょっと最近ビタミン不足かも”、”ダイエットしているのでビタミン・ミネラルの補給のため”などなど。


確かに、ビタミンもミネラルも身体や健康には必須の無くてはならないものの一つですが、ビタミンはミネラル無しには何の働きも出来ません。
ビタミンはミネラルの助けが無くては体内で吸収されることも機能を果たすこともありません。


人の体内では、いくつかのビタミンを合成することが出来ますが、ミネラルは創りだすことが出来ませんので外から摂取するしかありません。



ビタミン・ミネラルの摂取制限?:米FDA(食品薬事薬務局)

ちなみに、アメリカのFDA(食品薬事薬務局)という機関ではビタミン・ミネラルについて以下のような発表をしています。



1. ビタミンA、ビタミンD、ビタミンC、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、リボフラビン、チアミン、葉酸
  単体の非処方薬品(医者の処方箋が不要)として欠乏症の予防や治療には一般の販売を認めている。

2. ビオチン、コリン、ビタミンE、パントテン酸
  単体の非処方薬品(医者の処方箋が不要)としての販売を認めていない。

3. ビタミンK
  医師が治療に必要と判断した場合に限ってのみ服用されるべきもの。

4. カルシウム、鉄、亜鉛
  単体でも過剰摂取でなければ安全である。

5. 銅、ヨード、マグネシウム、マンガン、カリウム、フッ素、リン
  単体で販売されたり過剰摂取された場合は危険である。

6. 複合製品(マルチビタミン・マルチミネラル)
  ビタミンとミネラルの欠乏症に対する合理的な予防や治療に役立つ。



結論として、「許可されたビタミン・ミネラルを使った複合製品(マルチビタミン・マルチミネラル)は、市販されても安全で効果的である。」としました。
特にミネラルについては、単体で摂取すると拮抗作用が働き身体に良くない反応を誘発してしまいます。


例えば、カルシウムの場合は過剰に摂取するとホルモンバランスが崩れ高血圧や腎臓障害などになる可能性もあるということですので注意が必要です。
癌などに対する効果を検証する臨床実験は多くされていてその効果も発表されていますが、それらは全て複合製品(マルチビタミン・マルチミネラル)についてのものであり、ビタミン・ミネラル単体のものはありません。
ですので、健康という観点からはバランス良くビタミン・ミネラルを摂取することが重要だということになります。



とは言っても、複合製品(マルチビタミン・マルチミネラル)を摂取していれば癌などの病気にならないというものでもありませんが、少なくとも身体の抵抗力が増したり、仮に癌になったとしても進行を緩やかにする効果はあると考えられています。

特に癌に良いとされているビタミンとしては、ビタミンA、ビタミンB(1,2,6,12,17)、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンEで、ミネラルとしては、セレニウム・亜鉛(細胞の代謝機能を正常化し免疫力を強化、DNA損傷を防ぐ抗酸化作用、抗ウィルス性を高める、発ガン物質ニトロアミンの合成を阻止など)、が有効とされています。


このアメリカのFDA(食品薬事薬務局)という機関は、食品や薬品、健康食品などについての御意見番であると同時に様々な規制を行っている機関です。
食品や薬品、健康食品などをアメリカに輸出したり販売したりする祭には必ずお世話になる機関ですので、この機関の勧告や発表には世界の業界関係者が注目しています。




ビタミンやミネラルの過不足状態を知るには?

では、ビタミンやミネラルの過不足状態を知るにはどうすればいいのでしょうか?


それにはまず正常な状態のビタミン・ミネラルのバランス状態を知っておく必要があります。人体を構成している要素は43種類と言われていますが、その主なものを下記に示しています。



『人の身体の主要な構成要素』

1. 酸素(O)     62.8%
2. 炭素(C)     19.4%
3. 水素(H)      9.3%
4. 窒素(N)      5.1%
5. カルシウム(Ca)   1.4%
6. イオウ(S)     0.64%
7. リン(P)      0.63%
8. ナトリウム(Na)   0.26%
9. カリウム(K)    0.22%
10. 塩素(Cl)     0.18%
11. マグネシウム(Mg) 0.04%
12. その他      0.03%



そして、これらを基準として現在の自分のビタミン・ミネラルバランスを測定することで、現在の病状や健康の懸念事項、そして未病の発見が可能となる。
もちろん不足しているビタミン・ミネラルの補給対象がハッキリと分かり健康維持に役立つのです。


ちなみに、このビタミン・ミネラルの状態を測定するには必ずしも医療機関でなくても可能であり、毛髪や爪などのサンプルから1週間から1ヶ月で測定結果やその評価をしてもらうことが可能ですので、気になる方は調べてみることをお勧めします。


かなり気になる方は、当サイト内の下記ページも参考にしてみてください。

●「ビタミン欠乏症と過剰症そしてその副作用とは?
●「ミネラル欠乏症と過剰症そしてその副作用とは?
●「ダイエットで 【ビタミン・ミネラル】 が欠乏すると恐ろしい?
●「【マルチビタミン・マルチミネラル】の働きとは?
●「【効果のあるダイエットサプリメント】 とは?





参照:「マルチビタミン(ミネラル)で病気はどんどんよくなる」神津健一著





スポンサーリンク



関連記事

【ダイエット】 と若返り(美肌)に有効なビタミンとは?

ダイエットは女性にとって永遠のテーマかもしれません。 女性は美味しいものには目がなく、食に対するモ

記事を読む

効果のある【ダイエットサプリメント】 とは?

ダイエットとは、簡単に言うと、 ”体重を減らすこと” ですよね。 減らしたい部分(身体の脂

記事を読む

効果のある【ダイエットサプリメント】 とは? その2

今流行っているから大丈夫?、昔からのロングセラーだから安心?、などダイエットサプリメントには、流

記事を読む

【ダイエット】 サプリメントのおすすめ?

【ダイエット】の王道と言えば、やはり運動や食事制限や食事の質を変えるなどですが、どれも面倒だったり手

記事を読む

【ダイエット】 は ”ストレス”コントロール が成功の秘訣!

ダイエットを目指す女性は多いのですが、 ”今すぐなんとかしたい” とか、 ”好きなものは飲み食い

記事を読む

【ダイエット方法】 糖質制限、脂肪制限、地中海食でどれが一番?

これまであなたは数々のダイエット方法を試してこられたかもしれませんね。 食事制限などもされたと

記事を読む

「αリポ酸」は ” 体脂肪を減らす
ダイエットの救世主! ” ってホント??

αリポ酸はこんなに凄い!? 「αリポ酸」は2005年にテレビ番組「発掘あるある大辞典2」

記事を読む

ミネラル欠乏症と過剰症 そしてその副作用とは?

ミネラルが欠乏すると様々な健康障害が出てきます。高血圧や関節痛、動脈硬化や狭心症、骨軟化症、抜毛、白

記事を読む

ダイエットで 【ビタミン・ミネラル】 が欠乏すると恐ろしい?

ダイエットしていると、どうしても栄養の偏りや不足が発生しがちになります。 ビタミンやミネラルが欠乏

記事を読む

【ダイエッットして美人になる】 サプリメントとは?

このタイトルは女性にとって魅力的かもしれませんね(笑)。 女性は誰でもいつでも、綺麗になりたも

記事を読む

知らないと損をする
サプリメントの常識

サプリメントを摂取するタイミングは重要? ダイエットのた

”長生きのコツ” を知ることはダイエットにつながる!

多くの方が健康で長生きをしたいと思っているのではないでしょうか。

満月 ” から!!?">「ダイエット」を始めるなら
 ” 満月 ” から!!?

「ダイエット」を始めるなら、満月からスタートする方が成功する確

「 深呼吸ダイエット 」
    ってご存知ですか?

色々と次々と新しいダイエット方法が世の中に出てきますので楽しいです

フードファディズムとは? 要注意?

フードファディズムとは、食物や栄養素が健康や病氣に与える影響を過大

→もっと見る

PAGE TOP ↑