【ダイエット】 するならトランス脂肪酸は摂るな!

最近のダイエットの流行りのキーワードの一つとして、「トランス脂肪酸」と「グルテンフリー」がありますね。

アスリートの方などはこの”グルテンフリー”についてはよくご存知の方も多いと思います。” グルテンフリー ”につては別ページで解説していくとして、ここでは「トランス脂肪酸」についてシェアしていきたいと思います。



トランス脂肪酸は恐ろしい!

「トランス脂肪酸(トランス型不飽和脂肪酸)」は天然の植物油にはほとんど存在しないもので、基本的には油脂の加工時にできる人工の工業成分です。具体的には、トランス脂肪酸を原料とし多く含むものとして、マーガリンファットスプレッドショートニングです。

これらは、よくご存知のように菓子パンケーキドーナッツクッキーといった洋菓子やスナック菓子生クリームにも使われています。
このトランス脂肪酸を一定量摂取するとLDLコレステロール(悪玉コレステロール)を増加させ心臓疾患のリスクを高めると言われています。

また、癌の発症を高める発がん性物質とも言われています。2003年のWHOの発表以来世界では規制する国が増え続けています。アメリカでは既にトランス脂肪酸の使用禁止勧告がなされています。

にも関わらず、この日本では規制がありません。ちなみに農林水産省では先のWHOの勧告を受け下記のような見解を示しています。

「WHOでは、トランス脂肪酸の摂取量を、総エネルギー摂取量の1%未満とするよう勧告をしています。日本人が一日に消費するエネルギーは平均で約1,900 kcalですので、平均的な活動量の場合には一人一日当たり約2グラム未満が目標量に相当します。
トランス脂肪酸による健康への悪影響を示す研究の多くは、トランス脂肪酸をとる量が多い欧米人を対象としたものであり、日本人の場合にも同じ影響があるのかどうかは明らかではありません。」

農林水産省の2008年の調査では、日本人が、一人一日当たり食べているトランス脂肪酸の平均的な量は0.92~0.96グラムと推定され、平均総エネルギー摂取量の0.44~0.47%に相当し、当面問題が無いという見解です。
また、内閣府の食品安全委員会でも、2007年に「トランス脂肪酸に関するファクトシート」を公表しており、その中でも日本人のトランス脂肪酸の摂取量は平均総エネルギー摂取量の0.3~0.6%と見積もられるものの、偏った食事をしている場合は、WHO が推奨する最大摂取量を上回る場合もあるとの結果でした。

そして更にWHOは、トランス脂肪酸は悪玉コレステロール(LDL)を増加させると同時に善玉コレステロール(HDL)を減少させ、動脈硬化虚血性心疾患癌や肥満糖尿病などのリスクを高めると報告しています。
特に、植物油等への水素添加によってできる品質の劣化が起こりにくい液状油である「硬化油(トランス脂肪酸を多く含んでいる)」については、ヒトが食べる食品から、この部分水素添加植物油を出来るだけ排除する必要性があることを示唆しています。

日本では消費者庁が一日の摂取量の目安などを公開して注意勧告などを行っていて、食品事業者に対し、トランス脂肪酸を含む脂質に関する情報を自主的に開示する取組を進めるよう要請していますが、その取り組みの結果が不透明であることは否めません。詳しくは「トランス脂肪酸に関するファクトシート」を参照ください。




トランス脂肪酸はダイエットの敵!

上記の様に「トランス脂肪酸」は様々な病気の温床になることが示されていますが、同時にダイエットの敵でもあることを忘れはいけません。
マーガリンやお菓子に使われるショートニングなどに多く含まれるトランス脂肪酸は多く摂れば摂るほどウエストを太くしてしまいます。18歳~22歳までの日本人女性1136人を対象とした調査では、平均1.7cmウエストが太くなるという結果が出ました。

「トランス脂肪酸」については、非常に重要な事実ですので再度書きますが、「トランス脂肪酸」は上記のように善玉コレステロールを減らし、悪玉コレステロールを増やし腸内環境を悪化させることが分かっています。また、心筋梗塞や糖尿病の発症率も高くすると言われています。欧米各国では政府や業界の自主規制などの取り組みがなされる中、アメリカでは発がん性のリスクを高めるとのことで既にFDAから使用禁止勧告が出されています。

いかがですか?
あなたも何となく”トランス脂肪酸って身体に良くないんだ~”と思っていたかもしれませんが、トランス脂肪酸を摂らないに越したことはありません。
食生活から皆無にすることはかなり難しいのですが、気をつけていてこそ少ない摂取量で済ませることも可能となります。
ですので、下記 「 トランス脂肪酸使用 ” 3大食品 ” 」 の摂取には気をつけましょう!

1. ショートニング
2. マーガリン
3. スナック菓子



参考:
内閣府食品安全委員会「トランス脂肪酸に関するファクトシート
みんなが信じている健康法のウソ」 浦島充佳著





スポンサーリンク



関連記事

コンビニおにぎりでダイエット?
 気をつけたい食品添加物とは?!

食品添加物の中には癌の原因になる物質もありますのであなたも是非とも気をつけて下さい。 食品添加

記事を読む

「αリポ酸」は ” 体脂肪を減らす
ダイエットの救世主! ” ってホント??

αリポ酸はこんなに凄い!? 「αリポ酸」は2005年にテレビ番組「発掘あるある大辞典2」

記事を読む

【ダイエット】 サプリメントのおすすめ?

【ダイエット】の王道と言えば、やはり運動や食事制限や食事の質を変えるなどですが、どれも面倒だったり手

記事を読む

無理せず自然に痩せる【ダイエット】 とは?

自然に痩せる 【ダイエット】 "ダイエット" とは体重を減らして痩せることでしょうか? 

記事を読む

知らないと損をする
サプリメントの常識

サプリメントを摂取するタイミングは重要? ダイエットのためにサプリメントを買ったのいい

記事を読む

中性脂肪を減らす新しい物質
”マイオカイン” とは?

”マイオカイン”の効果とは?  先日のビートたけしが司会するテレビの番組「主治医が見

記事を読む

「除脂肪」 でダイエット?

皆さんはリバウンドしないダイエットとして、「 除脂肪ダイエット」というのが最近注目されているのを

記事を読む

【健康的に痩せるダイエット】 のポイントとは?

ダイエットは女性の永遠のテーマですが、太りたくないなら食べることを制限するというのが基本ですが、

記事を読む

【ダイエット】 は ”ストレス”コントロール が成功の秘訣!

ダイエットを目指す女性は多いのですが、 ”今すぐなんとかしたい” とか、 ”好きなものは飲み食い

記事を読む

「糖質制限ダイエット」は危険?

ダイエットを手っ取り早く短期間に成功させるには、「糖質制限」が速いことは皆さんもご存知でしょう。

記事を読む

知らないと損をする
サプリメントの常識

サプリメントを摂取するタイミングは重要? ダイエットのた

”長生きのコツ” を知ることはダイエットにつながる!

多くの方が健康で長生きをしたいと思っているのではないでしょうか。

満月 ” から!!?">「ダイエット」を始めるなら
 ” 満月 ” から!!?

「ダイエット」を始めるなら、満月からスタートする方が成功する確

「 深呼吸ダイエット 」
    ってご存知ですか?

色々と次々と新しいダイエット方法が世の中に出てきますので楽しいです

フードファディズムとは? 要注意?

フードファディズムとは、食物や栄養素が健康や病氣に与える影響を過大

→もっと見る

PAGE TOP ↑