最近注目の【グルテンフリー ダイエット】

最近ダイエットや体調不良の原因の一つとして注目されている【グルテン】についてここでは見ていきます。




そもそも【グルテン】とは何?

あなたは最近よくこの「グルテン」とか「グルテンフリー」という言葉を聞いたことがあるでしょうね。
では、その「グルテン」とは一体何なんでしょうか?

グルテン」とは、小麦やライ麦、大麦に含まれるタンパク質の一種のことを言います。
小麦の胚芽内の貯蔵タンパク質であるグリアジンとグルテニンを、水分の介在下で反応させると結びついて「グルテン」となります。
小麦粉を水で捏ねると「グルテン」が生成され生地に粘りと弾性がでます。パン生地などが発酵した時に気泡が残るのも、生地がグルテンによって粘りをもっているためなのです。




【グルテン】の何が悪い?

「グルテン」は、上記のようにグリアジンとグルテニンが水によって結びついたものなのですが、この「グリアジン」というタンパク質が健康やダイエットにはあまり良くありません。

グリアジン」は、脳内で麻薬のような働きをして食欲を刺激してしまうのです。つまり、食べても食べてもまだ食べたい(食べ足りない)という欲求が湧いてきてどうしても食べ過ぎに陥りやすくなります。

その結果、自然と肥満へと誘導されていってしまいます。そして、甘いものやパンや炭水化物などの食欲を抑えきれないという「グルテン中毒」状態となり精神的な不安定を招きます。肥満や精神的不安定さの原因はあなた自身の内側の問題ではないのかもしれません。

また、「グルテン」によってアレルギー症状を発する場合が少なくありません。「グルテン」によって小腸がダメージを受けてしまい栄養が吸収できなるという「グルテン アレルギー(過敏症)」です。

腹部の膨張感消化不良、身体の様々な体調不良を引き起こします。自覚症状の無い場合も多く、肌荒れ慢性的な無気力感や疲労下痢や便秘集中力や体力の低下、重いPMS(月経前症候群)や生理不順不妊症喘息口内炎関節痛などの症状が起きると言われています。




【グルテンフリー】とは?

最近「グルテンフリー」という言葉が注目されるようになったのは、男子プロテニスプレーヤー世界ランク1位のノヴァク・ジョコビッチ選手が書いた書籍
ジョコビッチの生まれ変わる食事」が大変よく売れているということがあります。その結果かどうが、今や欧米では一大ブームとなっています。

元々、ジョコビッチ選手は強度のグルテンアレルギーで体調不良を頻繁に起こしテニスの成績も伸び悩んでいました。その対策として2011年くらいから始めたのが、「グルテン」が入っていない食事、つまり「グルテンフリー」の食事方法やレシピだったのです。

「グルテンフリー」の食事をするようになって、テニスの成績も伸び、ついには世界ランク1位まで上り詰めました。そして今や不動の世界ランク1位のプレーヤーとなりました。一説には我らが錦織圭選手がよく怪我などをするなど体力的にもジョコビッチ選手になかなか勝てない理由の一つに上げている人もいます。

さて、その「グルテンフリー」を実践しているその他の有名人としては、
アン・ハサウェイ 、ミランダ・カー 、ジェシカ・アルバ 、グウィネス・パルトロウ 、エリカ・アンギャル 、ジュリア・ロバーツ 、マイリー・サイラス 、クリントンファミリー 、レディ・ガガ、ヴィクトリア・ベッカム 、スカーレット・ヨハンソン 、ミシェル・ウィー などなど世界にはまだまだ多くの「グルテンフリー」魅せられたセレブがいて広がりを見せています。




【グルテン】アレルギー(過敏症)とは?

あなたも【グルテン】アレルギー(過敏症)かも知れません。

次の質問に「YES」と答えるものが多くあるなら、あなたも「グルテン アレルギー(過敏症)」かもしれません。一度チェックしてみてください。

● 小麦でできた食品が大好きで、いつでも欲しくてたまらない。
● いつもボーっとしていて、集中力が無い。
● 疲れやすく、やる気がでない。

● ニキビができやすい体質だ。
● 美容に気を使っているわりに効果がイマイチ。
● お肌や髪の毛のツヤやハリがない。

● ダイエットを試みるがいつも成果はイマイチ。
● 胃腸が弱くていつも下痢や便秘を繰り返している。
● 食後にお腹の膨張感があって苦しい。

● よく口内炎ができる。
● 感情の起伏が激しく、うつ気味で落ち込むことが多い。
● 生理痛やPMS(月経前症候群)で悩んでいる。

● アトピーや喘息が改善されない。
● 原因不明の偏頭痛や肩こり、関節痛に悩んでいる。

いかがでしょか?

更に食生活で言うなら、

● 朝はご飯よりパン食が多い。
● パスタやラーメンを単品で食べることが多い。
● 麺類を食べることが多い。
● ケーキやドーナツなどのスイーツが大好きでよく食べる。
● 美味しいパン屋さんは必ずチェックする。
● 和食よりも洋食の方が好き。
● お好み焼きやたこ焼き、うどんなど粉ものが大好き。

以上の質問の中で、半分以上に「YES」の方は要注意です。




【グルテンフリー】でダイエット?

今までのダイエット方法と違い、「グルテンフリー」は、単に痩せるだけでなく、体調もすこぶる良くなり、お肌やアンチエイジングにも効果があると言われています。

グルテンフリー」の大きな効果の一つに、自然なダイエットがあります。” 自然とダイエット出来てしまう ” ということです。

理由は、「グルテン」に含まれる食欲増進作用のある成分「グリアジン」がなくなり、食べても食べても物足りないという感覚が自然となくなり、食べ過ぎが減ります。その結果自然と体重も減っていくというものです。

実際には、2週間程度で実感できる方が多いようです。
2週間で2キロ減量や3ヶ月で6キロ・10キロ、25キロ減量、などなど多くの方が減量ダイエットに成功しています。




【グルテンフリー】の効果

1. 痩せる

 既に述べたように「グルテンフリー」の食事レシピによって、小麦を食べることがほとんど無くなることで、小麦に含まれる「グリアジン」による食欲促進効果がなくなり自然と食事量が減ると共に、小麦などに含まれる「アミロペクチンA」というデンプン質のインスリンの分泌増加効果を抑制し、太りやすい体質からの脱却肌の老化の原因にもなる糖化を抑制します。
それらにより自然と痩せる食生活になます。食欲によるストレスも軽減されるため痩せて当たり前となります。


2. お肌がキレイになる

 小麦に含まれる「アミロペクチンA」というデンプン質は、普通のデンプン質よりも体内への吸収が早く血糖値を急激に上昇させてインスリンの分泌を増やします。その結果糖化が促進されてお肌の老化が進みます。皮脂腺への刺激などによるニキビの増加なども引き起こします。
こういった弊害のある「アミロペクチンA」が無くなると、お肌の細胞も生き生きとして調子がよくなりキレイになるのです。


3. 精神的に安定する

 血糖値の急激な上昇は急激な下降を招き、それが精神的不安定さを助長すると言われています。
「グルテンフリー」では血糖値の急激な上昇をあまり起こさないため、甘いものやパン類などが急激に欲しくなったりすることがなくなり、食欲抑制ストレスも少なく、精神的に安定し人格としても信頼度を高めます。


4. 集中力がアップする

 ジョコビッチ選手が良い例ですが、上記のように精神的に安定し始めると、当たり前のように集中力が向上します。食欲やストレスに左右されることが無く、過度な精神的トレーニングなども必要なく自然と集中力がついてしまうのは素晴らしいメリットの一つといえるのではないでしょうか。




【グルテンフリー ダイエット】の基本とは?

基本ルール 

1. カロリー表示よりも原材料をチェック

 食事のカロリー数字も大切ですが、それよりも小麦やライ麦、大麦、マーガリン、ショートニングなどの原材料や添加物に注意を向けるようにしましょう。

2. タンパク質を毎食必ず摂取する

 タンパク質には血糖値を抑える効果もあります。体力維持や筋力維持などタンパク質は大切な栄養素ですのでできれば毎回食べるようにしましょう。

3. バランスの良い食生活を心がける

 美容と健康の基本はバランスの良い食事です。ダイエットが目的であっても食事の質を落として健康を害しては意味がありません。その都度、必要に応じてマルチビタミンやマルチミネラルなどを補給するなどして栄養バランスを取るように心がけましょう。

4. ダイエット成功の秘訣は「準備」にある

 自宅や出先でお腹が空いた時のために、事前に何かグルテンフリーのお料理を作っておいたり持参したりすると衝動的にコンビニのパンやオニギリなどを食べてしまうことがありません。
ドライフルーツやナッツ類なども手軽で効果が高いのでお勧めです。

5. グルテンフリー仲間をつくる

 一人で地道に「グルテンフリー」を実践するのもいいですが、仲間がいると情報を分け合ったりできますし、何より楽しく続けられます。途中で挫折しそうになった時なども励みになったりしますのでお勧めです。
SNSなどを活用するのもいいかもしれません。

6. 美味しいグルテンフリー食材を選ぶ
 
 グルテンフリー食材には色々ありますが、正直美味しくないものもありますので、できるだけ美味しいと感じるものを選んで楽しみながらお料理やダイエットをすることが大切です。

7. 迷った時は和食

 外食や自宅でのお料理作りで迷った時は、和食にしましょう。和食ではグルテンを使うメニューが少ないのであまり考えなくても良いので楽チンです。

8. 自分へのご褒美

 「グルテンフリー」の食生活をし始めると、今までとの違いに少し違和感やストレスを感じることが多くなるかもしれません。そんな時に何か好きな事をしたり好きな所へ出かけてストレスを発散することも必要です。

9. 禁断症状を乗り越える事前策

 「グルテンフリー」の食生活をして暫くすると、無性にパンやパスタなどが欲しくなる禁断症状が発生することがありますが、それは今までの悪い体質への決別として割り切り乗り越えましょう!
それでもあまり無理をしてかえってストレスをためては意味がありませんのでその辺は適当に自分で出来る範囲で我慢しましょう。

10. できる範囲で自分流

 無理をしないことが一番です。ストレスを貯めないようにうまくストレス発散や気分転換などをしながらマイペースで進めることが長続きする秘訣です。




【グルテンフリー ダイエット】を始めるベストタイミングは?

「グルテンフリー」ダイエットを始めるベストなタイミングは、「生理が始まってから7日以内」が最もお勧めのようです。
理由は、エストロゲンとプロゲステロンというホルモンの増減がある期間で体重を落としやすい期間とされています。
また、生理前は逆に食欲が旺盛になったりしますので、ダイエットをスタートするには難しい期間となります。





参考:「グルテンフリーダイエット (一般書)」 エリカ・アンギャル著





スポンサーリンク



関連記事

フードファディズムとは? 要注意?

フードファディズムとは、食物や栄養素が健康や病氣に与える影響を過大に評価したり信じることを言いま

記事を読む

中性脂肪を減らす新しい物質
”マイオカイン” とは?

”マイオカイン”の効果とは?  先日のビートたけしが司会するテレビの番組「主治医が見

記事を読む

若杉ばあちゃんの「食養」という考え方
で ”ダイエット” を考えてみる。

長生きしたけりゃ肉を食べるな!?  先日、たまたま図書館で見つけた若杉ばあちゃんこと

記事を読む

【マルチビタミン・マルチミネラル】 の働きとは?

マルチビタミン・マルチミネラルは女性の皆さんならよくご存知のサプリメントの代表ですね。しかし、なんと

記事を読む

ダイエットで最大限の効果を得る方法とは?

ダイエットしたければ、筋肉を増やしましょう!  「ダイエットしたければ、筋肉を増やし

記事を読む

【ダイエットの基本その3】 ~食べた物の消費量を増やす(エネルギーを使う)~

ダイエットの5つの基本形の一つに『食べた物の消費量を増やす』という方法があります。 具体的には

記事を読む

【ダイエット】 は ”ストレス”コントロール が成功の秘訣!

ダイエットを目指す女性は多いのですが、 ”今すぐなんとかしたい” とか、 ”好きなものは飲み食い

記事を読む

”AMPキナーゼ” が ダイエットに効く?

”AMPキナーゼ” とは?  ”AMPキナーゼ”とは、酵素の一種でアデノシン-1-リ

記事を読む

【ダイエットの基本・その1】 ~食べる量を減らす~

ダイエットの5つの基本形の一つに、『食べる量を減らす』という方法があります。 つまり、一番簡単

記事を読む

【ダイエットの基本その4】 ~食べる物の質を変える~

ダイエットの5つの基本形の一つに『食べる物の質を変える』という方法があります。 具体的には、マ

記事を読む

PAGE TOP ↑