コンビニおにぎりでダイエット?
 気をつけたい食品添加物とは?!



食品添加物の中には癌の原因になる物質もありますのであなたも是非とも気をつけて下さい。
食品添加物の主なものを以下に下記してみました。参考にしてみてください。


気をつけたい食品添加物とは? 



1. 発色剤・亜硝酸ナトリウム(発がん性物質に変化する)
  明太子やオニギリ、幕の内弁当、ハム、ウインナー、揚げ物には注意です。

2.カラメル色素(発がん性物質を含む)
  全てのカラメル色素が悪いわけではありません。

3. 合成甘味料(アスパルテーム、スクラロース、セルファムK)
  肝臓にダメージを与えることもあります。

4. 臭素酸カリウム(パン生地改良剤:発がん性が確認されている)
  あのフワフワなパンには気をつけてください。

5. タール色素(発がん性の疑いがある合成着色料)
  福神漬けやイチゴのかき氷に使われる不気味な赤味、タール色素はプラスチックと同じです。

6. OPP、TBZ(発がん性と催奇形性が明らかな防カビ剤)
  いわゆるオレンジやグレープフルーツの収穫後に使用するポストハーベストです。 OPP:オルトフェニルフェノール、TBZ:チアベンダゾール

7. 次亜塩素酸ナトリウム(殺菌料:茶さじ一杯が致死量)
  キスの天ぷらには気をつけてください。カット野菜や野菜サラダにも気をつけて。 スーパーなどの調理場で包丁まな板などの消毒剤として使用されています。

8. 亜硫酸塩(毒性が強く、頭痛を起こす酸化防止剤)
  ワインに使用される二酸化硫黄は有毒ガス、ワインを飲むと頭が痛くなる理由です。 ドライフルーツやコンビニ弁当、甘納豆などに使用される漂白剤です。

9. 安息香酸ナトリウム(白血病を起こす化学物質や発がん性物質に変化する合成保存料)
  栄養ドリンクには注意してくださいね。

10. サッカリン・ナトリウム(発がん性が疑われている合成甘味料)
  握り寿司や歯磨き剤などに使用されています。



この他にも、じんましんや胃腸炎、アレルギー症状を示すものは色々とあるようです。しかし、この感じ方は個人差が大きいので自覚症状が無い方も多くおられるのは事実です。

こうして悪いことばかりを並べてしまうと、何も食べるものが無くなると思いがちですが、気をつけて食べることは大切です。その後の食事バランスやサプリメントなどでの対応が違ってきますので意識することが大切ですね。

こういった食品添加物は、極力口にしない方が良いことはもちろんなのですが、全く口にしないで生活するには面倒で不便すぎますし、無添加食品しか食べないというのも現実的ではありません。

ですので、食品を買う時には最低限材料の表示を確認する習慣をつけたいものです。




参考:「体を壊す10大食品添加物 (幻冬舎新書)」 渡辺雄二著







スポンサーリンク







関連記事

【ダイエットサプリメント】 医薬品との危険な相互作用とは?

女性の皆さんは誰しもダイエットサプリメントを一度は使用したことがあるのではないでしょうか? そ

記事を読む

ダイエットで 【ビタミン・ミネラル】 が欠乏すると恐ろしい?

ダイエットしていると、どうしても栄養の偏りや不足が発生しがちになります。 ビタミンやミネラルが欠乏

記事を読む

若杉ばあちゃんの「食養」という考え方
で ”ダイエット” を考えてみる。

長生きしたけりゃ肉を食べるな!?  先日、たまたま図書館で見つけた若杉ばあちゃんこと

記事を読む

【ダイエットサプリメント】 被害にあっても自己責任?

実際にダイエットサプリメントで健康被害を受けた場合どう対処すれば良いのでしょうか? 医薬品による被

記事を読む

【ダイエットサプリメント】 食欲抑制効果を悪用?

シブトラミン(ジブトラミン)やマジンドールなどの食欲を抑制する効果があるものの、使用量や使用方法を間

記事を読む

”糖質制限 ダイエット” は危険!?

ダイエットの方法は様々ですが、まず思い浮かぶのは運動とこの”糖質制限ダイエット”ではないでし

記事を読む

【マルチビタミン・マルチミネラル】 は死亡率を上げる!?

今やマルチビタミンやマルチミネラルはサプリメントの代表格なのに何て事を言うんだ! と、お叱りを受け

記事を読む

「笑い」は特効薬、「感謝」は万能薬

「断食」と「笑い」は万病を治す2大療法というのをご存知でしょうか? 「断食」による治癒

記事を読む

【ダイエットサプリメント】 健康被害に合わないためには?

ダイエットの王道は、「適切な食生活」と「適当な運動習慣」が基本ですが、それぞれの体質や性格などもあっ

記事を読む

ミネラル欠乏症と過剰症 そしてその副作用とは?

ミネラルが欠乏すると様々な健康障害が出てきます。高血圧や関節痛、動脈硬化や狭心症、骨軟化症、抜毛、白

記事を読む

PAGE TOP ↑