「ケトン体ダイエット法」とは?



最近この「ケトン体」という言葉が流行り出していますね。
ちなみに「ケトン体」とは、最近発見された人の細胞内でエネルギーを作り出す回路の一つです。


今までは、食材の糖質からブドウ糖を作り出し、そのブドウ糖を元に細胞内でエネルギーを作り出すというシステムしか注目されていませんでした。
特に脳内では、このブドウ糖が唯一のエネルギー源とする説が主流でしたが、今では肝臓内で脂質から作られるこのケトン体からもエネルギーが作られることがわかっています。


体内で”エネルギーを作り出すシステム”の優先順位は、

1.ブドウ糖(解糖系) 

2.筋肉内のアミノ酸(糖新生) 

3.脂質からのケトン体(ケトン体回路)です。

1と3のシステムは同時には働きませんので、細胞内ではどちらか一方しか採用されません。


炭水化物を食べる量を極端に少なくし、一日の摂取カロリーの5%からスタートします。


ですので、
3のケトン体回路を生じさせて脂質を分解させようと思えば、糖分を制限して糖不足の状態を体内で作り出す必要があります


ケトン体ダイエットは、低炭水化物ダイエットと非常によく似ていますが、厳密に言うと違うようです。

具体的には専門書を参考頂くとして、違いの一つは、ケトン体ダイエットでは低炭水化物の食事からスタートしますが、目標体重になると次第に20%程度まで炭水化物の食材を増やしていくという手法です。
元々は脳内疾患の治療用の食事メニューとしてつくられていました。


最近では、このケトン体回路をつかってエネルギーを作り出すシステムを起動させるというトレーニング方法がマラソンなどの陸上競技で取り入れられています。
つまり、体内の糖分が無くたった時にエネルギーを生み出すシステムを体内につくっておくトレーニングを行います。そうすると競技終盤でスタミナ切れを起こすことが無く力が持続されてバテずに記録を伸ばすことができるというものです。


簡単には、「速く走った後に、ゆっくりと走る」というインターバル訓練をすることでこのケトン体回路がつくられるようです。
このケトン体回路が働くようになると、老化防止というアンチエイジングのおまけがついてくるようです。


ダイエット”と”アンチエイジング”を同時に達成してしまう「ケトン体回路」をあなたも手に入れてみませんか?



参考:「「砂糖」をやめれば10歳若返る! (ベスト新書)」 白澤卓二著







スポンサーリンク







関連記事

手軽に【ダイエット】するお薦めな方法とは?

" 最近ちょっと食べすぎた"、" 体に締まりがなくなってきた"、" 見た目がちょっとだらしない"

記事を読む

「ダイエット」を始めるなら
 ” 満月 ” から!!?

「ダイエット」を始めるなら、満月からスタートする方が成功する確率が高い! ひょとして、

記事を読む

【ダイエット方法】 色々あれど、その基本は5つしかない!

世の中にはダイエット方法が沢山あります。 毎年何が知らの新しい方法が雑誌などで発表されますね。

記事を読む

【間違ったダイエット】 が肥満の原因になる?

ダイエットの基本は、”摂取カロリーと消費カロリー”のコントロールにつきます。 つまり、

記事を読む

ダイエットどころではない!!!
知らないと損する「トランス脂肪酸」とは?

日本は”トランス脂肪酸・後進国”!  皆さんは「トランス脂肪酸」という添加物をご

記事を読む

【ダイエットの基本その3】 ~食べた物の消費量を増やす(エネルギーを使う)~

ダイエットの5つの基本形の一つに『食べた物の消費量を増やす』という方法があります。 具体的には

記事を読む

【ダイエットの基本その2】 ~体外への排出量を増やす~

ダイエットの5つの基本形の一つに『体外への排出量を増やす』という方法があります。 『体外への排

記事を読む

【ダイエット】の隠れ技 ”レシチン” とは? ~美肌効果やアンチエイジングも~

レシチンは身体の重要な構成要素です。 さて、皆さんは最近注目の「レシチン」をご存知でしょ

記事を読む

お酒が好きな女性の 【ダイエット】 の救世主とは?

最近は女性でも酒豪?と言われる方も多くなり、女性が飲み屋やレストランで杯を重ねるというのも普通に

記事を読む

【ダイエットの基本その4】 ~食べる物の質を変える~

ダイエットの5つの基本形の一つに『食べる物の質を変える』という方法があります。 具体的には、マ

記事を読む

PAGE TOP ↑