【ダイエット】で成功したいなら
 ”サーチュイン遺伝子”に注目!



あなたは、「サーチュイン遺伝子」という言葉を聞いたことがありますか?

サーチュイン遺伝子は、長寿遺伝子または長生き遺伝子、抗老化遺伝子とも呼ばれています。活性化することにより生物の寿命が延びると言われています。

サーチュイン遺伝子は飢餓やカロリー制限によって活性化されますが、この他に赤ワインに多く含まれるポリフェノールの一種、レスベラトロールによって活性化されます。

しかし、
実際にその効果を発揮させるためには ”毎日赤ワインを100本” も飲まなければならず、あまり現実的ではありません。



”サーチュイン遺伝子”を活性化する
簡単な方法とは? 



それよりも、もっと効果が出る方法として以下の方法があります。

それは身体の体内に飢餓状態を作り出す習慣をつけることです。

具体的な例として以下のような方法があります。

1.「朝食を食べない」

2.晩ご飯から次の食事(朝食または昼食)までの時間 を
   できるだけ長くする。


以上の方法で、サーチュイン遺伝子がより活性化することがわかりました。




”サーチュイン遺伝子”を活性化させると更に良いことがある! 



上記の方法でサーチュイン遺伝子を活性化させると付随的に以下の良いことが発生します。


1.食事後の血糖値の急激な上昇が穏やかになる(抑制する)。

2.精神的な起伏がなくなり安定するので人間関係が穏やかになり、
   コミュニケーションがスムーズになる。


食事後の血液中の血糖値の上昇を抑えるメカニズムとして、飢餓状態にある血管周囲の細胞が血液から速く糖分を吸収することにあるようです。

これは、食事間隔が長く発生することで細胞が飢餓状態となりサーチュイン遺伝子が活性化(オンとなる)ということだそうです。

一般的には、お腹が空くと機嫌が悪くなって気が短くなり怒りっぽくなることが多いわけですが、空腹時間が長くなるにつれ空腹に慣れてきますので、時とともに精神的に安定してくると考えられます。

精神的な不安定さが気になる方にも是非お薦めしたい方法ですね。







スポンサーリンク







関連記事

添加物には気をつけろ・・コンビニ弁当を食べ続けるな!

1. 発色剤の「亜硝酸ナトリウム」 亜硝酸ナトリウムは、第二級アミンと反応して体内で発がん

記事を読む

知らないと損をする
サプリメントの常識

サプリメントを摂取するタイミングは重要? ダイエットのためにサプリメントを買ったのいい

記事を読む

ダイエットどころではない!!!
知らないと損する「トランス脂肪酸」とは?

日本は”トランス脂肪酸・後進国”!  皆さんは「トランス脂肪酸」という添加物をご

記事を読む

最近注目の【グルテンフリー ダイエット】

最近ダイエットや体調不良の原因の一つとして注目されている【グルテン】についてここでは見ていきます。

記事を読む

「ダイエット」を始めるなら
 ” 満月 ” から!!?

「ダイエット」を始めるなら、満月からスタートする方が成功する確率が高い! ひょとして、

記事を読む

【ダイエットの基本・その1】 ~食べる量を減らす~

ダイエットの5つの基本形の一つに、『食べる量を減らす』という方法があります。 つまり、一番簡単

記事を読む

お酒が好きな女性の 【ダイエット】 の救世主とは?

最近は女性でも酒豪?と言われる方も多くなり、女性が飲み屋やレストランで杯を重ねるというのも普通に

記事を読む

やってはいけない【ダイエット】方法とは?

【ダイエット】と言えば、まずは食事制限やエクササイズを思い浮かべますね。 世の中には多くの

記事を読む

「ケトン体ダイエット法」とは?

最近この「ケトン体」という言葉が流行り出していますね。 ちなみに「ケトン体」とは、最近発見され

記事を読む

【ダイエットの基本その3】 ~食べた物の消費量を増やす(エネルギーを使う)~

ダイエットの5つの基本形の一つに『食べた物の消費量を増やす』という方法があります。 具体的には

記事を読む

PAGE TOP ↑