【ダイエット】で成功したいなら
 ”サーチュイン遺伝子”に注目!



あなたは、「サーチュイン遺伝子」という言葉を聞いたことがありますか?

サーチュイン遺伝子は、長寿遺伝子または長生き遺伝子、抗老化遺伝子とも呼ばれています。活性化することにより生物の寿命が延びると言われています。

サーチュイン遺伝子は飢餓やカロリー制限によって活性化されますが、この他に赤ワインに多く含まれるポリフェノールの一種、レスベラトロールによって活性化されます。

しかし、
実際にその効果を発揮させるためには ”毎日赤ワインを100本” も飲まなければならず、あまり現実的ではありません。



”サーチュイン遺伝子”を活性化する
簡単な方法とは? 



それよりも、もっと効果が出る方法として以下の方法があります。

それは身体の体内に飢餓状態を作り出す習慣をつけることです。

具体的な例として以下のような方法があります。

1.「朝食を食べない」

2.晩ご飯から次の食事(朝食または昼食)までの時間 を
   できるだけ長くする。


以上の方法で、サーチュイン遺伝子がより活性化することがわかりました。




”サーチュイン遺伝子”を活性化させると更に良いことがある! 



上記の方法でサーチュイン遺伝子を活性化させると付随的に以下の良いことが発生します。


1.食事後の血糖値の急激な上昇が穏やかになる(抑制する)。

2.精神的な起伏がなくなり安定するので人間関係が穏やかになり、
   コミュニケーションがスムーズになる。


食事後の血液中の血糖値の上昇を抑えるメカニズムとして、飢餓状態にある血管周囲の細胞が血液から速く糖分を吸収することにあるようです。

これは、食事間隔が長く発生することで細胞が飢餓状態となりサーチュイン遺伝子が活性化(オンとなる)ということだそうです。

一般的には、お腹が空くと機嫌が悪くなって気が短くなり怒りっぽくなることが多いわけですが、空腹時間が長くなるにつれ空腹に慣れてきますので、時とともに精神的に安定してくると考えられます。

精神的な不安定さが気になる方にも是非お薦めしたい方法ですね。







スポンサーリンク







関連記事

やってはいけない【ダイエット】方法とは?

【ダイエット】と言えば、まずは食事制限やエクササイズを思い浮かべますね。 世の中には多くの

記事を読む

【マルチビタミン・マルチミネラル】 で痩せる?

ダイエットを志す女性は、まずは食事や運動に注目しますね。 おそらくあなたもそうではないでしょうか?

記事を読む

【ダイエット】の隠れ技 ”レシチン” とは? ~美肌効果やアンチエイジングも~

レシチンは身体の重要な構成要素です。 さて、皆さんは最近注目の「レシチン」をご存知でしょ

記事を読む

美しく ”痩せ美人” になるダイエットとは?

ダイエットと言うと、体重を減らすというか痩せることが主になりますが、ダイエットで成功した女性を見

記事を読む

「ケトン体ダイエット法」とは?

最近この「ケトン体」という言葉が流行り出していますね。 ちなみに「ケトン体」とは、最近発見され

記事を読む

ダイエットしたいなら、早寝早起きしよう!

生活習慣を規則正しくするのは、体調管理や健康に良いということは良く言われていますね。特に、早寝早

記事を読む

お酒が好きな女性の 【ダイエット】 の救世主とは?

最近は女性でも酒豪?と言われる方も多くなり、女性が飲み屋やレストランで杯を重ねるというのも普通に

記事を読む

”長生きのコツ” を知ることはダイエットにつながる!

多くの方が健康で長生きをしたいと思っているのではないでしょうか。 しかし無理なダイエットは、寿

記事を読む

痩せる 【ダイエット】 の秘密とは?

痩せる【ダイエット】と言うと、”痩せないダイエットなんてあるの?”、”ダイエットの目的は痩せることで

記事を読む

”AMPキナーゼ” が ダイエットに効く?

”AMPキナーゼ” とは?  ”AMPキナーゼ”とは、酵素の一種でアデノシン-1-リ

記事を読む

知らないと損をする
サプリメントの常識

サプリメントを摂取するタイミングは重要? ダイエットのた

”長生きのコツ” を知ることはダイエットにつながる!

多くの方が健康で長生きをしたいと思っているのではないでしょうか。

満月 ” から!!?">「ダイエット」を始めるなら
 ” 満月 ” から!!?

「ダイエット」を始めるなら、満月からスタートする方が成功する確

「 深呼吸ダイエット 」
    ってご存知ですか?

色々と次々と新しいダイエット方法が世の中に出てきますので楽しいです

フードファディズムとは? 要注意?

フードファディズムとは、食物や栄養素が健康や病氣に与える影響を過大

→もっと見る

PAGE TOP ↑