【ダイエット】に効果的な 
”睡眠方法” とは?



ダイエットと睡眠は関係無さそうで、関係あることをご存知ですか?

なぜなら、
睡眠中にもダイエットと関係するホルモンが体内で分泌されるからなのですね。

そこで理想的な睡眠方法を調べてみましたので参考にしてみてくださいね。



ダイエットに効果的な睡眠とは? 


ダイエットに効果的な睡眠方法を以下で見てみましょう。


● 「夜10時に寝て、朝5時に起きる。」

    ・・・夜12時前後には熟睡している状態が理想です。
       夜12時前後に寝ていることで成長ホルモンが最大限に分泌されます。

● 「理想的な睡眠時間は ”7時間”

    ・・・睡眠時間は短すぎても長すぎても健康にはよくありません。

● 「二度寝はしない

● 「睡眠不足の時には昼寝を15~30分する。」

● 「寝る時は空腹状態が理想的。」

● 「寝る前に入浴するなど体温を上げてから寝ると熟睡できる。」

    ・・・お風呂の最適温度は41℃です。41℃で副交感神経が優位になります。



このようにすることで、寝ている間に成長ホルモンが分泌されて(特に夜12時前後)、体の脂肪分解が促進されます。

更に、
食事後4時間以内に寝てしまうとその成長ホルモンが十分に分泌されませんので、脂肪が分解されずダイエットにつながりにくいようです。
つまり、夕方6時前後には夕食を済ませていることが理想的なのです。

そして、
低体温の方は気をつけていただきたいのですが、
身体の平温を37℃に保つことが身体の健康やダイエットには理想的なようです。体内の新陳代謝が最も効率よく行われ、免疫力も最高となります。

上記のことを全て実行することは生活環境や体質の関係で難しいかもしれませんが、理想を知っていることは大切なことです。


一方で、出来ないことは出来ないと割り切ってしまうこともストレスをためないためにも大切なことです。

でも、少し努力すれば出来ることは諦めずに理想に近づく努力も必要かもしれませんね。




参考:「「体温を上げると健康になる」」 斎藤真嗣著
   「体温を上げると健康になる 実践編」 斎藤真嗣著







スポンサーリンク







関連記事

「ダイエット」を始めるなら
 ” 満月 ” から!!?

「ダイエット」を始めるなら、満月からスタートする方が成功する確率が高い! ひょとして、

記事を読む

知らないと損をする
サプリメントの常識

サプリメントを摂取するタイミングは重要? ダイエットのためにサプリメントを買ったのいい

記事を読む

ダイエットで最大限の効果を得る方法とは?

ダイエットしたければ、筋肉を増やしましょう!  「ダイエットしたければ、筋肉を増やし

記事を読む

ダイエットしたいなら、早寝早起きしよう!

生活習慣を規則正しくするのは、体調管理や健康に良いということは良く言われていますね。特に、早寝早

記事を読む

若杉ばあちゃんの「食養」という考え方
で ”ダイエット” を考えてみる。

長生きしたけりゃ肉を食べるな!?  先日、たまたま図書館で見つけた若杉ばあちゃんこと

記事を読む

「笑い」は特効薬、「感謝」は万能薬

「断食」と「笑い」は万病を治す2大療法というのをご存知でしょうか? 「断食」による治癒

記事を読む

「 深呼吸ダイエット 」
    ってご存知ですか?

色々と次々と新しいダイエット方法が世の中に出てきますので楽しいです。 さて、表題の「深呼吸

記事を読む

【ダイエットの基本・その5】 ~体質を変える~

ダイエットの5つの基本形の一つに『体質を変える』という方法があります。 つまり、自然と排出量を

記事を読む

”糖質制限 ダイエット” は危険!?

ダイエットの方法は様々ですが、まず思い浮かぶのは運動とこの”糖質制限ダイエット”ではないでし

記事を読む

【ダイエット?】 肥満にならない食事方法とは?

女性の中にはわざわざダイエットなどしなくても痩せている方も少なくありません。体質なのか、遺伝なの

記事を読む

知らないと損をする
サプリメントの常識

サプリメントを摂取するタイミングは重要? ダイエットのた

”長生きのコツ” を知ることはダイエットにつながる!

多くの方が健康で長生きをしたいと思っているのではないでしょうか。

満月 ” から!!?">「ダイエット」を始めるなら
 ” 満月 ” から!!?

「ダイエット」を始めるなら、満月からスタートする方が成功する確

「 深呼吸ダイエット 」
    ってご存知ですか?

色々と次々と新しいダイエット方法が世の中に出てきますので楽しいです

フードファディズムとは? 要注意?

フードファディズムとは、食物や栄養素が健康や病氣に与える影響を過大

→もっと見る

PAGE TOP ↑