やってはいけない【ダイエット】方法とは?




【ダイエット】と言えば、まずは食事制限やエクササイズを思い浮かべますね。

世の中には多くのダイエット方法を謳った書籍が氾濫しています。

そしてそのダイエット方法は、簡単な方法にこしたことはありませんが、大切なのは続けることができる自分に合った方法を選択することです。

即効性があっても、身体や精神に負担がかかったりリバウンドしてしまっては意味がありません。

そこに、簡単手軽なダイエット方法のワナがありますのでお気をつけ下さい。


さて、ここでは

アスリート指導や医療系専門学校でも教鞭をとっている坂詰真二さんという方の著書「やってはいけないダイエット」の内容を中心にご紹介してみたいと思います。

自分のやりたい方法、合っている方法などと考え合せて参考にしてみてください。




「やってはいけないダイエット」 


1.危険なダイエット方法


  その1 水制限ダイエット
  その2 発汗ダイエット
  その3 絶食・断食ダイエット
  その4 糖質制限ダイエット
  その5 脂質制限ダイエット
  その6 短時間で急激なダイエット
  その7 サプリメントや薬によるダイエット


身体の60~70%を構成する”水分”を制限してしまうことは、一歩間違えると”命の危険”を伴います。最近流行りのファスティング(断食)や絶食も、細胞が生きていく上で必要なエネルギー摂取を制限してしまうので、ダイエットには最も効果的ですが、その後の体調不良や疾病・精神疾患などを招く恐れがあります。
実施する上ではセミナーを受けたりトレーナーに指導を仰いだりして慎重に行う必要がありそうです。
 
ダイエットしたい人の心とは裏腹に身体は急激な変化を望みません(笑)。ですので、短時間で効果の出るダイエットは必ず身体的・精神的リバウンドがきますので注意してください。
  
サプリメントは補助食品です。主食をきちんと摂取した上でその栄養補給のためにサプリメントを摂取します。サプリメントだけを摂取していれば健康が維持されると考えるのは誤りですので、勘違いをしないようにしましょう。





2.体脂肪が減らないダイエット方法


  その1 骨盤矯正によるダイエット
  その2 マッサージやエステの吸引ダイエット
  その3 エクササイズマシンでのダイエット
  その4 排便ダイエット
  その5 体幹エクササイズによるダイエット
  その6 ストレッチやヨガによるダイエット
  その7 運動だけで行うダイエット


体脂肪は部分的には減りません!
身体全体的に増減しますので全身を使った筋トレでエネルギー消費をするのがお薦めです。

運動(エクササイズやストレッチなどの無酸素運動、ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動)だけでダイエットを行うよりも同時に食事なども管理しながら行う方が、より効果的にダイエットを成功させます。





3.こんな人は安易にダイエットをしてはいけない!!!


  その1 疾患(病氣)のある人
  その2 標準体重以下の人
  その3 成長過程の子供
  その4 妊活中・妊娠中の女性
  その5 中年後期の女性


ダイエットを始める時の前提は、まずは”健康体”であるということです。
そして、身体の成長過程や妊娠などで特に身体がエネルギーを必要としている時期にはダイエットは危険です。

また、女性の場合は20歳を過ぎると自然と肥満度(BMI指数)は増加していきます。

統計的には特に40歳を過ぎるとその程度は急激に増していきます。
そして、中年後期(50歳以上)に入ると安易にダイエットを行うことで、筋肉量や骨密度が低下し、メタボリックシンドロームから”ロコモティブシンドローム(運動器症候群)”と言われる筋肉や骨・関節などの衰えや機能障害によって、要介護や要支援となる、などの身体的な衰えを加速させてしまう危険性が増すからです。

老化の早い足の筋肉への負担を軽減するために、膝関節などへの負担を減らす上で体重を減らすダイエットは意味がありますが、同時に筋肉も減らしてしまうのは本末転倒と言えるかもしれません。

加齢とともに関節疾患や骨折などのリスクが増す中で、安易にダイエットをしてしまうことは、”健康寿命を縮めてしまう危険性” があることを頭に入れておきましょう。




 やはり、ダイエットの基本は、”食事制限と運動”の組み合わせです 


この本では、体型を次の9つに分類して、現状と目標の設定を行なうことから始めます。

● BMI 25以上 

  マッチョ体型  WT比0.44未満
  固太り体型   WT比0.44 ~ 0.48
  高肥満体型   WT比0.48以上

● BMI 21 ~ 25  

  引き締まり体型 WT比0.44未満
  標準体型    WT比0.44 ~ 0.48
  メタボ体型   WT比0.48以上

● BMI 21未満 

  ランナー体型  WT比0.44未満
  ホッソリ体型  WT比0.44 ~ 0.48
  隠れ肥満体型  WT比0.48以上

※ WT比 = ウエスト ÷ 身長 
  BMI = 体重(Kg) ÷ 身長(m) ÷ 身長(m) 




ダイエットの成否の鍵を握るのは、目に見える形(数値)で進捗を把握していくことかも知れません。

この本でも成功するダイエットの方法として、

「食事制限(管理)」 +  「運動(ストレッチ + 筋肉トレーニング)」

という  ”ダイエットの王道”  を推奨しています。


更に、この「やってはいけないダイエット」の本には、ダイエットの推奨ステップやストレッチの具体的方法などが詳しく書かれていますので参考にしてみてください。





参考:「やってはいけないダイエット (光文社新書)」 坂詰真二著







スポンサーリンク







関連記事

【ダイエット】 と若返り(美肌)に有効なビタミンとは?

ダイエットは女性にとって永遠のテーマかもしれません。 女性は美味しいものには目がなく、食に対するモ

記事を読む

最近流行の【ダイエットサプリメント】 とは?

最近よく耳にするサプリメントに、「コエンザイムQ10」 「L-カルニチン」 「アルファリポ酸」

記事を読む

【ダイエットサプリメント】 健康被害に合わないためには?

ダイエットの王道は、「適切な食生活」と「適当な運動習慣」が基本ですが、それぞれの体質や性格などもあっ

記事を読む

【ダイエット】 は ”ストレス”コントロール が成功の秘訣!

ダイエットを目指す女性は多いのですが、 ”今すぐなんとかしたい” とか、 ”好きなものは飲み食い

記事を読む

【ダイエットサプリメント】 食欲抑制効果を悪用?

シブトラミン(ジブトラミン)やマジンドールなどの食欲を抑制する効果があるものの、使用量や使用方法を間

記事を読む

【ダイエットの基本・その5】 ~体質を変える~

ダイエットの5つの基本形の一つに『体質を変える』という方法があります。 つまり、自然と排出量を

記事を読む

【ダイエットサプリメント】 その危険な成分とは?

ダイエット用のサプリメントというと、様々なものが販売されています。 しかし、その中には摂取してはい

記事を読む

ストレス解消で食べ過ぎた!?それでもスリムをキープできる方法とは?

ダイエットをするということは、食事制限や運動を毎日続けてこなすということを基本において実践してい

記事を読む

【メタボ(メタボリック・シンドローム)】って実は怖い?!

メタボ、メタボって、世間では親の敵のように悪者扱いしていますが、 皆さんは、この「メタボリック・シ

記事を読む

”AMPキナーゼ” が ダイエットに効く?

”AMPキナーゼ” とは?  ”AMPキナーゼ”とは、酵素の一種でアデノシン-1-リ

記事を読む

PAGE TOP ↑