”糖質制限 ダイエット” は危険!?



ダイエットの方法は様々ですが、まず思い浮かぶのは運動とこの”糖質制限ダイエット”ではないでしょうか?

身体をスリムにダイエットする方法は大別すると、「エネルギーを消費して身体の脂肪を燃焼させてあげる」か、「脂肪や肉となる食事を制限するか」のどちらかになります。

ですので、運動やエクササイズなど身体を動かすことが苦手な方は、食べる量や種類を制限するしかありません。

しかし、”食べる量や種類を制限する”と言っても、やり方はこれまた様々です。

一歩間違えると、”命の危険にさらされます” ので注意が必要です。



ダイエットの定番とも言えるこの「糖質制限ダイエット」のやり方については、是非よく調べてから実施されることをお薦めします。

様々な業界(利益団体)の数々の真実を暴いてこられた船瀬俊介さんの下記「日本の真相」という著書でも少し触れられていますので参考にしてみてくださいね。



 ~ 「日本の真相」の主な内容 ~

糖質制限ダイエットの第一人者の桐山秀樹氏が急死した。 肉や脂肪の偏食の害で ”体毒” がたまり心臓病やガン発症リスクが高まる

・株式会社シェルターが開発したKES工法の住宅が凄い。阪神大震災でも74棟全てが無傷だった。東日本大震災でも異常なし。

・倉田大輔氏の「水を燃やす技術」、水に重油を10%加えただけでも水は燃える。

・特定周波数(926kHz)で共鳴作用を起こせば水は簡単に水素と酸素に分離される。その水素を燃やせば水燃焼装置を作れる。これはフリーエネルギー装置となりうる。

・分子間力は離れると引き合い、近づくと反発する。この力は電気力ではなく磁気力である。倉田大輔氏。磁気力こそエネルギーの本質である。

・水エンジンを開発したアメリカのスタンリーマイヤーは完成の祝の時に毒殺された。

・ユルブラウンも同様に水エンジンを開発している。

・科学史を根底から覆す「千島・森下学説」千島喜久男医師、森下敬一医師。 
 赤血球分化説、腸管造血説、赤血球の可逆分化説、病的組織の血球由来説、バクテリア自然発生説、毛細血管開放説、細胞新生説、「集合・融合・分化」説の8コ、特に腸管造血説と細胞可逆説、細胞新生説は3本柱。

・フランスリヨン本部のWHOの「国際がん研究期間(IARC)」は、2015年10月26日、”ハムソ-セージなど加工肉に最凶の発がん性”があることを発表した。

・「新医学宣言」奇(土の俊)成先生。ベンジャミン・フルフォード、船瀬俊介。リチャード氏。殺人医療から活人へ。
  自然治癒力、食・心・体の治療、自然療法、精神神経免疫学、笑いの療法、氣の療法、整体療法、建築医学、代替療法、新医学行政確立。

・病氣は過食による体毒で発生。



参考:「わが身に危険が迫ってもこれだけは伝えたい日本の真相!」 船瀬俊介著







スポンサーリンク







関連記事

【メタボ(メタボリック・シンドローム)】って実は怖い?!

メタボ、メタボって、世間では親の敵のように悪者扱いしていますが、 皆さんは、この「メタボリック・シ

記事を読む

【ダイエット】 と若返り(美肌)に有効なビタミンとは?

ダイエットは女性にとって永遠のテーマかもしれません。 女性は美味しいものには目がなく、食に対するモ

記事を読む

【健康的に痩せるダイエット】 のポイントとは?

ダイエットは女性の永遠のテーマですが、太りたくないなら食べることを制限するというのが基本ですが、

記事を読む

【ダイエット】に効果的な 
”睡眠方法” とは?

ダイエットと睡眠は関係無さそうで、関係あることをご存知ですか? なぜなら、 睡眠中にもダ

記事を読む

【ダイエットサプリメント】 死亡事故や健康障害の発生事例

アメリカ製、中国製、タイ製、などのダイエット用健康食品(サプリメント)を使用し、実際に健康被害を発生

記事を読む

「除脂肪」 でダイエット?

皆さんはリバウンドしないダイエットとして、「 除脂肪ダイエット」というのが最近注目されているのを

記事を読む

”長生きのコツ” を知ることはダイエットにつながる!

多くの方が健康で長生きをしたいと思っているのではないでしょうか。 しかし無理なダイエットは、寿

記事を読む

若杉ばあちゃんの「食養」という考え方
で ”ダイエット” を考えてみる。

長生きしたけりゃ肉を食べるな!?  先日、たまたま図書館で見つけた若杉ばあちゃんこと

記事を読む

美しく ”痩せ美人” になるダイエットとは?

ダイエットと言うと、体重を減らすというか痩せることが主になりますが、ダイエットで成功した女性を見

記事を読む

知らないと損をする
サプリメントの常識

サプリメントを摂取するタイミングは重要? ダイエットのためにサプリメントを買ったのいい

記事を読む

PAGE TOP ↑