ダイエットに欠かせない体内脂肪!
効率よく燃焼させる方法とは?



ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動が身体や健康に良いということは民さんもよくご存知のことと思います。

また、当サイトの他の記事では、ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動の前に筋トレなどの無酸素運動を行うと脂肪燃焼の効率が上がることをお伝えしました。

そして、より具体的には、ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動をどの程度の負荷(スピードや激しさなど身体への負担の程度)で行うかという目安をお伝えしたいと思います。

ここでは、それぞれの人の心拍数に注目してみます。

内蔵脂肪や皮下脂肪など体内脂肪の燃焼を目的としたダイエットなら、適正な心拍数を維持しながら最低でも20分運動し続けると良いようです。

運動しながら普通に会話ができて汗をじわりとかく程度の運動負荷でいいのです。

では、その適正な心拍数とはいくらなのか?

それは、各人の最大心拍数の50~60%程度だそうです。







効率よく体内脂肪を燃焼させる方法


”効率よく体内脂肪を燃焼させる方法” を以下にまとめてみますと、





● 適正心拍数 × 20分 以上 の運動が必要

● 適正心拍数 = 最大心拍数 × 50~60%

● 最大心拍数 = (男性) 220 - 年齢

          (女性) 226 - 年齢




となります。

例えば、40歳女性であれは、最大心拍数は「186」となりますので、適正心拍数は

「 93 ~ 112 」

となります。

最近は腕時計型などのスマートウォッチや心拍数などが計測できる機器(心拍計)も販売されていますので運動しながらその数値を確認することができて、

運動負荷の程度の目安を体感することも可能です。やはり目安となる指標を目で見て身体で感じることができることは大切です。

ダイエットに加えて心肺機能を強化したのであれば最大心拍数の60~75%程度まで負荷を増すのがよいようです。

以上、参考にしてみてくださいね。



参考:「アゴを引けば身体が変わる~腰痛・肩こり・頭痛が消える大人の体育~ (光文社新書)」 伊藤和磨著







スポンサーリンク







関連記事

【ダイエット】で成功したいなら
 ”サーチュイン遺伝子”に注目!

あなたは、「サーチュイン遺伝子」という言葉を聞いたことがありますか? サーチュイン遺伝子は

記事を読む

手を出してはいけない「ダイエット法」とは?

雑誌などで、”~~ダイエット”という文字を見ると多くの女性はさっとその雑誌に手が伸びるのでは

記事を読む

最近注目の【グルテンフリー ダイエット】

最近ダイエットや体調不良の原因の一つとして注目されている【グルテン】についてここでは見ていきます。

記事を読む

ストレス解消で食べ過ぎた!?それでもスリムをキープできる方法とは?

ダイエットをするということは、食事制限や運動を毎日続けてこなすということを基本において実践してい

記事を読む

【マルチビタミン・マルチミネラル】 で痩せる?

ダイエットを志す女性は、まずは食事や運動に注目しますね。 おそらくあなたもそうではないでしょうか?

記事を読む

添加物には気をつけろ・・コンビニ弁当を食べ続けるな!

1. 発色剤の「亜硝酸ナトリウム」 亜硝酸ナトリウムは、第二級アミンと反応して体内で発がん

記事を読む

【ダイエットの基本その4】 ~食べる物の質を変える~

ダイエットの5つの基本形の一つに『食べる物の質を変える』という方法があります。 具体的には、マ

記事を読む

【ダイエット】 するならトランス脂肪酸は摂るな!

最近のダイエットの流行りのキーワードの一つとして、「トランス脂肪酸」と「グルテンフリー」がありま

記事を読む

今流行りの 「トクホ」 とは? 
「トクホ」 1242品目のワナ?!

「機能性表示食品」という保健機能食品(トクホ)は、わずか2年弱で作られた制度です。 区

記事を読む

【ダイエット】 と若返り(美肌)に有効なビタミンとは?

ダイエットは女性にとって永遠のテーマかもしれません。 女性は美味しいものには目がなく、食に対するモ

記事を読む

PAGE TOP ↑