フードファディズムとは? 要注意?



フードファディズムとは、食物や栄養素が健康や病氣に与える影響を過大に評価したり信じることを言います。
以下3つのタイプがあります。




1.「それ」さえ食べれば(飲めば)万病解決や短期間で減量(ダイエット)可能と吹聴される食品が大流行すること

  紅茶キノコ、ココア、にがり、寒天、白インゲン豆、納豆、バナナ、トマトジュースなど。


2.摂取量を無視した効果を鵜呑みにする

  その食品に含まれる”有益・有効成分”の効果的な摂取量には言及せずに、単にそれを食べれば(飲めば)効果があるとうたうもの。
  これを食べるだけで〇〇に良い、△△に悪い、など。


3.個人個人の食生活や体質などを無視した効果の強調

  「自然・天然の物がどんなものでも絶対的に良い」「植物性が無条件で良い」「人工・動物性のものは悪い」など。



つまり、思い込み固定観念評価や概念の単純化などの弊害です。





「健康食品」の多くは、このような”効果の強調”、”ありもしない効果をあるかのように言い募る”、などのフードファディズムに満ちています


人は雑食性の生物ですので、動物性食品や植物性食品などを食べてきました。
しかし、最近はマクロビオティックやビーガンなどに象徴されるように肉や動物性食品や加工食品などを摂らず、植物性食品や自然食品減農薬・無農薬食品、などを意識して摂取する人達が世界でも増加しつつあります。

それでも、普通に社会生活をしている限り、食品添加物や農薬、人工食品、加工食品の摂取をゼロにすることは至難の業です。

また、食品や栄養素をバランス良く摂取することも専門家でないかぎりなかなか難しいのではないでしょうか?


ですので、
最終的には、”健康に良いと言われるものはできるだけ摂るようにする”とか、”悪いと言われるものはできるだけ食べないようにする”とか、などの意識から始めて、”~~は身体に悪いので絶対に食べない!”とか、”〇〇は身体に良いのでこれだけは必ず食べる”、とかの偏った意識に傾いてしまうと、その食品や成分などが自分の身体に合う合わないなどによって健康被害などが発生しないとも限りません。

やはり、何事も極端に走らずバランスや偏りも意識しながらも”中庸(ちゅうよう)”なのが一番かも知れません。





参考:「「健康食品」ウソ・ホント 「効能・効果」の科学的根拠を検証する (ブルーバックス)」 高橋久仁子著







スポンサーリンク







関連記事

【ダイエット?】 肥満にならない食事方法とは?

女性の中にはわざわざダイエットなどしなくても痩せている方も少なくありません。体質なのか、遺伝なの

記事を読む

ダイエットどころではない!!!
知らないと損する「トランス脂肪酸」とは?

日本は”トランス脂肪酸・後進国”!  皆さんは「トランス脂肪酸」という添加物をご

記事を読む

【ダイエットの基本その2】 ~体外への排出量を増やす~

ダイエットの5つの基本形の一つに『体外への排出量を増やす』という方法があります。 『体外への排

記事を読む

若杉ばあちゃんの「食養」という考え方
で ”ダイエット” を考えてみる。

長生きしたけりゃ肉を食べるな!?  先日、たまたま図書館で見つけた若杉ばあちゃんこと

記事を読む

【ダイエット】の隠れ技 ”レシチン” とは? ~美肌効果やアンチエイジングも~

レシチンは身体の重要な構成要素です。 さて、皆さんは最近注目の「レシチン」をご存知でしょ

記事を読む

ダイエットで最大限の効果を得る方法とは?

ダイエットしたければ、筋肉を増やしましょう!  「ダイエットしたければ、筋肉を増やし

記事を読む

【ダイエット】 と若返り(美肌)に有効なビタミンとは?

ダイエットは女性にとって永遠のテーマかもしれません。 女性は美味しいものには目がなく、食に対するモ

記事を読む

【ダイエット】のワナとは?

【ダイエット】のワナとは? ダイエットをしていると、誰でも最初は頑張るので少しずつ

記事を読む

お酒が好きな女性の 【ダイエット】 の救世主とは?

最近は女性でも酒豪?と言われる方も多くなり、女性が飲み屋やレストランで杯を重ねるというのも普通に

記事を読む

【ダイエット方法】 色々あれど、その基本は5つしかない!

世の中にはダイエット方法が沢山あります。 毎年何が知らの新しい方法が雑誌などで発表されますね。

記事を読む

PAGE TOP ↑